彼氏に結婚を決意させる方法3つ!最終手段は例の「究極の二択」!?

ココロニプロロ / 2020年10月21日 19時55分

写真

彼氏に結婚を決意させる方法3つ!最終手段は例の「究極の二択」!?

【元ホステスが語る男ゴコロの裏事情590】

「今の彼氏と結婚したいけど……彼、結婚する気はあるのかな?」「付き合い始めの頃は結婚の話も出てたのに、最近はめっきり」など、結婚したくても彼にその気がなさそうだと、モヤモヤしますよね。

悶々としながらプロポーズ待ちするくらいなら、彼が決意するように導いたほうが早いかも?

■男性が結婚したくなるタイミングはいつ?
そもそもですが、「男性はいつ結婚したくなるの?」と思いません?もちろん、人によっても違いますが、たいてい、年齢を重ねて老後をリアルに考えたときとか、収入が下がり「共働きならまだ生活もラク?」と考えたときなど、“ひとりで生きてくのは寂しいor無理”と思ったときに結婚を考えるみたいです。

逆に、収入に余裕ができて「これなら結婚しても大丈夫かな?」と自信がついたときや「定年までに子どもが成人してたらいいな」と自分の中でリミットができたときも結婚を考えがち。

まぁでも、収入に余裕ができても、年齢によっては「別に今、急いで結婚しなくてもいいか」と、のらりくらりしやすかったりします。男性って、切羽詰らないとなかなか決意しないですからね。

「絶対に子どもが欲しい!」という人は、どこかのタイミングで結婚を決意するでしょう。けど、そうじゃない場合は、先延ばしにしやすいんです。

■タイムリミットを提示する
みなさんが気になるのは、彼にプロポーズされる気配がない。先延ばしにされている感じがする。そんな場合はどうすればいいの?という話ですよね。

付き合ってある程度、月日が経っているのなら、あなたから結婚の話を切り出していいと思います。で、もし「そのうちね」とか「いつか」と流されたのであれば、「あと1年で結婚しないなら、別れよう」とか「私が33歳になるまでに婚約しないなら別れて。私、35歳までには結婚するって決めてるから」と釘を刺しておくのもアリ。

男性もただ「結婚してほしいの!」と言われるより、リミットを提示されたほうが真剣に考えたりするので。

まぁ、彼が結婚をのらりくらりかわしているなら、こっそり他の男性を探し始めてもいいんじゃないかと。だって時間は有限じゃないですか。彼と別れるのが遅くなればなるほど、新しい人を探して、付き合って、結婚……というのが難しくなりますし。

■他の男性の存在をほのめかすのもアリ
あと、一か八かになりますが、彼が決意しないなら、他の男性の影をちらつかせるのもアリです。あなたのほうから別の人に近づいたとなると、「裏切られた!」と彼の怒りを買いやすいけど、好きな気持ちがある場合、男性に言い寄られている系なら、嫉妬するし焦りますよ。

もしそれでも彼が動かないならば、彼はそもそもあなたと結婚する気がないので、もう切ったほうがいいでしょう。「いつか心変わりするんじゃ……」と期待しているのはわかりますが、その状態になっても決意しないなら、まず心変わりはしないはず。

■最終手段は「究極の二択」
なお、どうしても決意しない彼には、究極の二択で迫るのもいいかも。筆者の友人も34歳のとき、結婚話をかわし続ける彼に「結婚するか、別れるか、どっちか決めて!」と言って、プロポーズさせました。

相手がなかなか決意しないなら、「結婚して!」と押すより、選ばせたほうが早いのかも?とはいえ、これはあなたに「別れてもいい」という覚悟がある場合に限りますが。

■待っているだけじゃ何も変わらない
結婚したいのに、彼が曖昧な返事ばかりだったりすると、本当にモヤモヤしますよね。前述した通り、ただ待っていても彼は変わりません。たぶん、今のままが心地いいと思っているから。

状況を変えたいのであれば、自分から動きましょう。あなたと別れるのが嫌なら、彼はきっと決意してくれるはず。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング