雨の日デートにはオレンジの服が◎!専門家が教える天気別・勝負カラー【恋占ニュース】

ココロニプロロ / 2015年10月21日 10時15分

写真

雨の日デートにはオレンジ色の服が良い理由

みなさんはデートの日や合コンの日、或いは気になる人も参加する集まりに行くときなど、どんな基準で服を選んでいますか?

・やっぱり自分に似合うかどうかが大事
・お洒落に見えるよう流行りの服を着る
・モテを意識してワンピースをチョイス

など、いろいろ考えていることでしょう。
ところで、ファッションと照明や天気の関係を気にしたことってありますか?

◆光との相性も大事!

実は同じ服でも、照明によってステキに見えたり、暗く沈んで見えたりしてしまうことがあるそうです。

以前、婚活パーティーを運営する会社のスタッフにお話を伺う機会があったのですが、「会場でモテる服装」について質問したところ、

「白やピンクなど淡い色の服がいいですね。基本的に会場が暗めなので、黒っぽい格好だと、かなり地味に映ってしまうんです」

とのことでした。

この回答からわかる通り、行く場所の明るさ・暗さをイメージしつつ服を選ぶのはとても大事。
もちろんTPOや季節感(もちろん好みも)の問題もありますが、昼のデートと夜のデートでは色味を変えるなど、ちょっとした工夫をすると、それだけで魅力が大幅にアップし、相手に好印象を与えられるかもしれません。

実際、例えば明るい太陽の下にいるとき、また、レストランの店内にいるときは、どのような色の服を着るときれいに見えるのでしょうか?
色彩心理研究家・臨床心理カウンセラーの木下代理子先生に教えていただきました。

◆太陽光と相性の良い色は?

≪太陽の下で映える色≫

パステルカラーからビビッド系まで、オールマイティにOK!

≪雨空に映える色≫

黄色やオレンジなど、薄暗くても目につきやすい色がおすすめ!

≪レストランの照明に映える色≫

白熱電球なら黒を。あなたを魅力的に演出してくれます。

色のジャンルこそ違いますが、晴れでも雨でも、とりあえず昼間は明るい色を身に着けるといいんですね。
前日に天気予報をチェックして着る服をチョイスすると良さそうです。

白熱電球の下では陰影がつきにくい分、淡い色の服を着ると全体的にのっぺりした印象になりがち。その分、黒で決めれば引き締まって見え、イイ女度が上がるのでしょう。
昼からデートして夜まで一緒にいるときには、明るい色の服を着て行って、レストランでは上に黒のカーディガンをはおる、なんていうのもアリかもしれません。

なお、木下先生いわく、夜の白熱電球の下では、「リップメイクは淡い色よりも赤やチェリーピンクなど、濃いめの色のほうが黒い服が引き立ち、よりセクシーに見えますよ」とのこと。これは試してみたくなりますね。

◆今日は「あかりの日」!

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング