走りを楽しみドライバーを育む懐の深いスポーツカー【新型トヨタ86 プロトタイプ試乗記】【レビュー:トヨタ】

CORISM / 2012年1月10日 8時8分

新型トヨタ86

アフターマーケットがトヨタ86を成長させる?

 トヨタ86(ハチロク)は、伝説の名車ともいえるAE86型トレノ・レビンの型式に由来している。もちろん、それだけを意識しているわけではなく、水平対向エンジンを積んだFRスポーツであるヨタハチ(トヨタ スポーツ800)やトヨタ2000GTをも意識して開発されている。つまり、トヨタ伝説のスポーツカー成功例をベンチマークし開発されている。ある意味、マーケティングのセオリー通りともいえる。

 面白いのは、トヨタ86はアフターマーケットのチューニングをかなり意識していることだ。これは、主にAE86がチューニング業界に支えられ名車として育ったからだ。現在と大きく違うのは、AE86が全盛期時、チューニングは絶対悪でホイール1本、マフラーさえ交換しただけでディーラーでの整備や点検が受けれなかった。今では考えられないくらい、完全にアンダーグラウンドの世界。こういったクルマは、闇車検で高額な費用を払い車検を通していたくらい。それくらい厳しい時代にAE86のチューニングをしていたクルマ好き達は、まさに猛者だった。

 当然だが、車検や点検を通す者も、依頼した者も罰せられるくらいの覚悟があった。そこまでして、と思う人も多いが、当時はそういう時代だったのだ。こういった過程を経て、現在のようにチューニングも一部合法化されて来た経緯がある。そのため、このトヨタ86は、チューニング視点でいえば、AE86時代にくれべれば、はるかに楽しめる環境下にはある。クルマを自分好みに仕立て、楽しめる文化を育てられればトヨタ86も長く愛されるクルマになるのだろう。最近では、リーズナブルな価格と走る楽しさをもつクルマとして、スズキのスイフトスポーツが、そんなクルマとして高い人気を誇っている。

素直で使いやすい6MT、ダイレクト感のある6AT

 さて、そんな昔を思い出しながら、最初に乗ったのは、6MT車だ。結構、軽いクラッチを踏みギヤを1速に入れる。カチッとしているわけでも、ストロークも短い感じもしない。共同開発したスバルのもつインプレッサのフィーリングとは、まったく違うフィール。クラッチも気難しさはなく、スルスルと自然につながる。イッキにレブリミットまでエンジンを回し2速、そして3速。すぐにシフトダウン。ブォン、と一発に決まるヒールアンドトゥ。慣れを必要とせず、自分の実力以上にスムースにすべてが決まる。シフトフィールとストローク、そしてクラッチが絶妙にマッチしていて、慣れを必要としない素直さがあり使いやすさが光る。

 トヨタ86には、MTだけでなく6ATも用意されている。極論、ツインクラッチタイプの6速でも用意しておけば、ミッションは1つで済むのだが・・・。そういう観点以外では、6速ATは高級感とスムースさは一級品。低速から、かなりロックアップをさせているということだが、ギクシャクさは無くダイレクト感も十分。シフトダウン時には、ブリッピング機能も付く。もちろん、変速スピードもMモードにすると激速で、自分でMTを操作しているより全然速い。自由自在にドリフトしたいなど、特殊な走りをしないのなら、MTよりATの方が速い気がする。

高回転型200馬力エンジンだが、意外と低速トルクもある

CORISM(コリズム)

トピックスRSS

ランキング