ホンダN-ONE(エヌワン)新車情報/購入ガイド 売れてます! 1ヶ月で2万5000台、その内訳を分析評価する!【ニュース・トピックス:ホンダ】

CORISM / 2012年12月10日 12時18分

ホンダN-ONE

ホンダN-ONEユーザーは、燃費性能だけで選ばない?

 ホンダは、ホンダの軽戦略第3弾モデルとして登場した「ホンダN-ONE」の累計受注販売が、発売後約1ヵ月で月間販売計画の約2.5倍となる2万5,000台を超えたと発表した。月間販売計画は1万台。

 ホンダがまとめた新型軽自動車「ホンダN-BOX」の購入理由とは?
・軽乗用車のジャンルを超える上質なエクステリアとインテリアデザイン
・1.3Lクラス並みの走りとクラストップレベルの優れた燃費性能の両立
・軽自動車として初となるESS(エマージェンシーストップシグナル)の採用など高い安全性能
・個性をより際立たせるカラーバリエーション

 ほとんどが、開発コンセプトに通りといった内容でまとめられているが、燃費性能に関しては、残念ながらホンダのN-ONEを含め、Nシリーズはスズキやダイハツに若干遅れをとっているのが現実だ。遅れをとっているといっても、その差は僅かだが、スズキやダイハツは、そこにこだわっている。ホンダN-ONEの燃費は27km/Lに対して、スズキ ワゴンRは28.8Km/L、12月20日マイナーチェンジを施すダイハツ ムーヴは29.0km/L。技術をアピールするホンダが燃費で負けている。

 今回のホンダの発表は、発売直後のため、ホンダファンや既納先が中心。そのため、高額車中心になる傾向が強いので、今後は低価格車中心にシフトすると思われる。

 ホンダN-ONEやN BOXの人気は、やはり、広さなどの機能やライフスタイルに合うデザインなどが重視されているようだ。スズキVSダイハツの燃費戦争のように、0.2km/Lにまでこだわっているほど、マーケットは、センシティブに燃費数値に反応していないのが分かる。ホンダ フリードが10kg車重を増して、エコカー減税対応としたグレードが出てきているように、エコカー減税対応というのがひとつのボーダーラインとなるだろう。

 ホンダN-ONEのタイプ別構成比は、N-ONEが53%でN-ONE Premium 47%となっている。最初は、高額のPremiumが中心に動くが、徐々にベーシックで必要十分なN-ONEにシフトしてくと思われる。

<N-ONEとライバル車、スズキ ワゴンR、ダイハツ ムーヴ新車購入ガイド>
新型ダイハツ ムーヴ新車情報・購入ガイド ムーヴ参戦でダイハツVSスズキVSホンダ三つ巴の軽自動車戦争へ

スズキ ワゴンR/ワゴンRスティングレー新車情報 エネチャージで発電エコカー!

小さい系だからこそ欲しい高い安全性能! サイドエアバッグは、魅力的な装備と価格で、装着率70%!

CORISM(コリズム)

トピックスRSS

ランキング