ホンダ フィットtwist新車情報 ちょっと新鮮さのあるフィット、日本導入に期待したいがブラジル専用車 サンパウロショー出展車【ニュース・トピックス:ホンダ】

CORISM / 2012年10月28日 8時8分

ホンダ フィットtwist

ホンダのBRICs戦略として、ブラジル専用車を投入

 ホンダは、サンパウロショーでブラジル専用仕様車であるホンダ フィットtwistを公開した。

 ホンダ フィットtwistは、ブラジル四輪研究開発部門によって初めてブラジル向けに専用開発されたフィットの派生仕様車。フィットの持つ使い勝手や乗り心地はそのままに、専用フロントグリル、ルーフレール、専用シート表皮などの採用により大胆なデザインを実現し、スポーティーなイメージを高めたモデルだ。

 全体的なイメージは、フォルクスワーゲンのクロスポロやスバル インプレッサXVなどと同じ、SUVのテイストをプラスしたクロスオーバー車的だ。樹脂製のフェンダーアーチやフロントとリヤのアンダーガードなどを装備している。詳細が公表されていないが、画像を見る限りでは車高も若干高められているようだ。

 意外なほど、クロスオーバースタイルが似合うフィットtwist。国内販売にも期待が高まるものの、残念ながら、このフィットtwistはブラジル専用車ということだ。ホンダ フィットは、2007年にデビューし、6年目というモデル末期状態。通常ならば、新型フィットは2013年にフルモデルチェンジが予定されている。次期型フィットには、フィットtwistのようなクロスオーバーが投入されるのかも楽しみだ。

 ホンダは四輪研究開発部門に今後2年間で1億レアル(約40億円)をブラジルに投資し、現地開発を強化することを発表。新研究開発施設を2013年中に完成させるとともに、研究開発者数も数百人規模に拡充させる予定だ。今回の強化は、全世界6地域が同じレベルで同時に機種開発を行う「グローバルオペレーション改革」の取り組みの一つ。現地ニーズを反映した設計開発や、現地調達部品の採用拡大などを通じ、ブラジルの顧客ニーズにこたえる新機種を開発し、投入していく。また、北米での販売比率が高いホンダにとっては、北米マーケットの近隣で、安い労働力でクルマを生産し北米に持ち込める生産拠点としての魅力もある。

 中国進出に遅れをとったホンダにとって、BRICs戦略は大きな柱でもある。今回のブラジルへの投資もその一環。尖閣問題で脱・中国が進むのも視野に入れたブラジル戦略なのだろうか。

 また、インドやタイでは、すでにホンダ ブリオの現地生産を開始。価格競争力が必要なコンパクトカーの生産は、超円高の日本から脱出し海外生産の基盤を築いている。日産はマーチとラティオを、三菱はミラージュをタイで生産し日本に導入している。ホンダのコンパクトカーもいずれアジアから輸入される日もそう遠くはないかもしれない。

【関連記事】

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
CORISM(コリズム)

トピックスRSS

ランキング