マツダ デミオセダン(マツダ2セダン)新車情報・購入ガイド 新型デミオに早くもセダンが登場! 日本マーケット投入もあり!? タイショーでマツダ2セダン世界初公開!【ニュース・トピックス:マツダ】

CORISM / 2014年12月1日 14時14分

マツダ デミオセダン(マツダ2セダン)

流麗なルーフラインをもつスポーティセダンが、新型マツダ デミオセダン(マツダ2セダン)

 マツダ は、「タイ国際モーターエキスポ2014」で新型「マツダ デミオセダン (タイ名:Mazda2セダン)」を世界初公開する。

 新型マツダ2セダンは、デミオのセダン バージョン。デミオのもつスタイリッシュなデザインをベースに、後端部分をハイデッキスタイルのセダンとしている。特徴的なのはルーフライン。セダンの場合、リヤシートの居住性を高めるために、ルーフは後端部でも高めに保たれ、Cピラーは立てたデザインになるのが一般的だ。ところが、新型マツダ デミオセダン(マツダ2セダン)は、Bピラー付近から、Cピラーにかけてイッキに傾斜させたルーフラインをもつ。5ドアハッチバック のデミオよりも急傾斜になっているように見えるのが特徴だ。ひとクラス上のアクセラ セダンもそういったシルエットをもっていて、新型デミオセダンは、クーペのようなルーフラインをもつスポーティなデザインになっている。

 新型マツダ デミオセダン(マツダ2セダン)に搭載されるパワーユニットは、新開発の小排気量クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 1.5」

 タイで販売されている多くの国産車がガソリンエンジンを使っている中、マツダがコストの高いクリーンディーゼルエンジンの販売を行うには理由がある。今まで、タイ国内のエコカー減税の恩恵で多くの日本車がガソリン車の高い燃費性能で販売台数を伸ばしてきた。しかし、欧州メーカー勢からみれば、好ましくない状況。そこで、欧州勢はタイのエコカー減税の仕組みを変えるようなロビー活動行い、CO2の排出連動制を導入するように提案していた。それは、CO2の排出量に有利なクリーンディーゼルを得意とする欧州メーカーが優位に立てるルール変更だ。

 こうしたことを踏まえ、マツダは新型デミオに搭載た小排気量クリーンディーゼルを武器にタイマーケットを攻略する戦略ではないかと予想できる。 新型マツダ デミオセダン(マツダ2セダン)は、タイのエコカー優遇制度(第2期)に認定。この制度は、低燃費・低公害の小型車(ガソリンエンジン1.3L、ディーゼルエンジン1.5Lまで)に優遇税制が適用される。欧州の排気ガス規制「EURO5」に適合しており、燃料4.3リットルで走行距離100km以上の燃費、CO2排出量100g/km以下、等が適用条件となっている。認定を受けた車両には、新車物品税の軽減など優遇税制がある。

 世界的にも例を見ないユニークなクリーンディーゼルエンジンなので、価格次第ではタイマーケットで爆発的な人気を得る可能性もある。また、新型デミオがハッチバックではなく、デミオセダンとなった理由は、アジアの新興国の多くはセダン人気が高いためだ。そんな期待の新型マツダ デミオセダン(マツダ2セダン)は、タイで2015年初頭に販売を予定している。

日本導入にも期待! コンパクトハイブリッドセダンに対抗できるコンパクトクリーンディーゼルセダンが新型マツダ デミオセダンだ!

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
CORISM(コリズム)

トピックスRSS

ランキング