「笑けずり」司会・尾上松也インタビュー、歌舞伎界の風雲児が語る『芸道』とは……

Entame Plex / 2015年9月3日 12時0分

写真

「笑けずり」司会・尾上松也インタビュー、歌舞伎界の風雲児が語る『芸道』とは……

歌舞伎界の風雲児:尾上松也が初の番組ナビゲーターを務めていることでも話題となっているNHK BSプレミアム「爆笑ファクトリーハウス 笑けずり」。

同番組は、東西250組の若手お笑い芸人が参加した熾烈なオーディションから勝ち残った9組の芸人が、富士のふもとにたたずむペンション「笑けずり」で過酷な合宿生活を送り、漫才の頂点を目指すというもの。しかも、この番組には厳しい掟が! 彼らは、毎回新ネタを披露し、その中から最も面白くなかったお笑いコンビが毎週1組“けずられ”即刻合宿所を去らなければならないという、まさに生き残りを懸けたサバイバル。

同番組の放送は全7回。9月18日放送予定の第6回では決勝に残る3組が決定。そして、最終回となる25日の番組の模様は生放送され、リモコン、番組ホームページ、スマートフォンなどからの視聴者投票により、優勝者が決まる。

残り6組となった現在、4組目となる脱落者を決する9月4日(金)の放送回では、お笑いコンビ:千鳥を講師に迎え、「いつもよりツッコミを生かした漫才」という課題が課せられ、それぞれが思い悩み、漫才作りに励んでいく。そして、回を増すごとに過酷になる課題に、コンビ間の人間関係が露わになるその一方で、友情や恋が芽生えたり……!?

今回の千鳥をはじめ、サンドウィッチマン、中川家、バイきんぐ、笑い飯など、毎回、実力派コンビによる熱い講義によって若手芸人たちのネタ作りがメキメキと上達していくさまも見もののひとつ。

そして、何といっても尾上が随所でみせる意外とピリ辛なコメントにも注目! エンタメプレックスでは、初めて番組ナビゲーターを務めた尾上松也のインタビューを入手した。



――番組のナビゲーターを依頼されたときのお気持ちは?

「率直に“僕でいいのかな?”と思いました。僕自身お笑いが好きで、いろんな番組を拝見していましたが、まさか自分がこういう番組でナビゲーターとしてお声を掛けていただけるとは想像もしていませんでした。ですから、非常に光栄でもありましたね」

――高校時代は学年のお笑い担当だったそうですが…。

「アハハ!…お笑い担当といえばお笑い担当で、僕らの間では“クレイジー担当”と呼んでいたんですけれども。代々学年に一人そういう担当がいて、自分たちの学年はそれが僕だったんです。ちなみに、僕のすぐ下の代は城田優君でしたね。まあ、友達を笑わせたりすることは好きでした」



――好きだった芸人さんはいらっしゃいましたか?

「そのときはロバートさんが特に人気があったので、出演番組を見ては皆でよく話題にしていましたね」

――今回ご出演の若手芸人さんたちの印象はいかがですか?

「ほとんどの芸人さんはこの番組を通じて知ったのですが、本当に皆さんそれぞれに個性があって、日本のお笑い界の層の厚さを実感しました。そんな魅力的な皆さんですから、番組を見ていると、何とか全員に最後まで残ってほしいという気持ちになってしまうんですよ…そういうわけにはいかないので、僕も心を鬼にして…(笑)。視聴者の皆さんも、番組を見ながら笑ったり苦しくなったり、いろんな思いが交錯すると思います。こんなお笑い番組ってなかなかないと思いますよ。『笑けずり』は本当に画期的ですよね」



――そして“講師”を務めていらっしゃるのは、おなじみの芸人さんたちです。

「講師の皆さんは、普段テレビでよく目にする芸人さんばかり。本当にすばらしいことをおっしゃるんですよ! いつもテレビではふざけた姿を見せていますけど、本当にお笑いを愛してて、人生を捧げているなというのが伝わってきて頭が下がる思いです。人生というか生き方というか、お笑いという枠を超えて考えさせられる部分があるんですよね。それに、参加している若手芸人さんのコンビ同士の関係もいろいろあらわになってくるので、そんな人間関係から学べる部分が、ご本人たちはもちろんでしょうが、見ている僕らにもありますね」

――若手芸人がシェアハウスで共同生活をしながら芸を磨くという設定ですが、共同生活で芸は磨かれると思いますか?

「どうでしょう…僕らは共同生活で芸を磨くという機会があんまりないので、わかりませんけれども。でも、生まれたときから、先輩も後輩も親同士も皆知っている“全員が親戚”のようなところで生きていますからね。僕のことでいうと、その中で先輩の芸を見て学べることはとにかく多大です。今回、番組で講師役の芸人さんのお話を聞いていると、僕が今まで先輩方にいろいろと教えていただいたことが頭をよぎりまして。『芸道』において先駆者から学ぶということがどれだけ大事かというのは、この番組を見て痛感するところです」



――そうしますと、歌舞伎の世界もゆるーく共同生活していらっしゃるようなものかもしれませんね?

「住む場所こそ違いますが、一生を共にするわけだし、毎月のように一緒にお仕事させていただいているのでね。まあ言ってしまえば、先輩や後輩たちとは、家族より一緒に過ごす時間が多いこともあるかもしれません。僕らは実際に共同生活して芸のことだけを考えて…というわけにはいきませんけれども。この『笑けずり』の合宿って過酷ではありますが、その中で得るものはすごく大きいんじゃないかと思いますね。講師の芸人さんたちの言っていることすべてが的確ですし、お笑い素人の僕たちでも、言われると納得するところは多々ありますので、うらやましいなと思います…でも、過酷ですけどね(笑)」

「爆笑ファクトリーハウス 笑けずり」
NHK BSプレミアムにて毎週金曜午後10時より放送
(※全7回/9月25日の最終回は生放送)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング