ビットコイン長者に続け! 今「エターナルコイン」がアツい

Entame Plex / 2015年12月2日 17時30分

写真

ビットコイン長者に続け! 今「エターナルコイン」がアツい

ハロウィンも終わり、街のディスプレイやイルミネーションはクリスマスへ。子どもの頃、枕元にくつ下を置いてサンタさんからのプレゼントを楽しみに待っていたという人も多いことでしょう。

そんなクリスマスに、5万円以内で実現したい「小さな夢」を募集して、抽選で10名の夢を叶えちゃおうというユニークなキャンペーンをエターナルライブが実施中。11月11日のキャンペーンスタートから、1日に100件前後の応募があるほどの盛況ぶりなのだとか。

そこには
“子どものプレゼントにプレステ4がほしい”
“両親に旅行をプレゼントしたい”
“彼氏に捨てられないように美容家電を買いたい”
etc...連日さまざまな「小さな夢」が届いているそうです。



このキャンペーンを実施しているエターナルライブは、今年1月にスタートした仮想通貨「エターナルコイン」の取引所。連日応募で届く「小さな夢」に負けず劣らず、「エターナルコイン」も夢や可能性を大いに秘めており、僅か半年で価格上昇率が約5倍に。とはいえ、日本ではまだまだ馴染みの薄い仮想通貨市場。そこで、この取引所を運営している株式会社エターナルリンク代表取締役の小野寺利晃社長と、そのシステム提供元である株式会社アトムソリューションズ代表取締役の梅澤宗弘社長に、仮想通貨市場や「エターナルコイン」、キャンペーンの反響ぶり、さらには、今後の展望などいろいろと話を聞いてみました。



――仮想通貨とはどのようなものなのでしょうか?

梅澤氏「国や銀行が管理したり発行するものではなく、インターネット上に価値記録のデータとして存在する決済手段であると定義づけしています。ソーシャルゲームなどのネットマネー、いわゆる電子マネーのようなものと言った方が分かりやすいかもしれません」

――エターナルコインは最初100円台だったものが、半年で600円台に。つまり価格上昇率が6倍弱になったわけですが、それはどういうことが起きるのでしょうか?

梅澤氏「発行枚数が決まっているので、それに対して需要と供給が発生して上がったり下がったりするわけです。例えば、買った当時5万円だった電子機器にプレミアがついて、オークションで100万円になるのと同じです」

――エターナルコインは、今年1月のスタートから半年で価格上昇率が約5倍になった理由はなんだと思います?

梅澤氏「多くの方に、エターナルコインは価値が上がりそうだという期待感を持っていただけたんだと思います。まずシステムはしっかりと暗号化されていてセキュリティ的にも問題なくて……というのは当たり前で、仮想通貨を知らない人でも分かりやすく、直感的に使えるようになっているのも、この数字に繋がっているのだと思います」

Entame Plex

トピックスRSS

ランキング