美しくミクロな植物の彫刻。限定700部、作家レーアの日本初個展図録【NADiffオススメBOOK】

FASHION HEADLINE / 2015年10月15日 20時30分

『クリスティアーネ・レーア 宙(そら)をつつむ』

各ブックストアがFASHION HEADLINE読者に向けて「今読むべき1冊」をコンシェルジュ。毎週木曜日は、アート・ブックショップ「NADiff(ナディッフ)」各店がオススメする1冊をご紹介。今回は愛知・名古屋の支店・ナディッフ愛知(愛知県名古屋市東区東桜1-13-2 愛知芸術文化センター地下2階)です。

■『クリスティアーネ・レーア 宙(そら)をつつむ』

クリスティアーネ・レーア(Christiane Lohr)は、ドイツとイタリアを拠点とするアーティスト。自然から採取してきたタンポポやアザミといった植物の茎や種子、あるいは動物の毛などを素材として、その特性を活かしながらミクロな世界を築き上げる。

本書は、静岡県にあるヴァンジ彫刻庭園美術館での個展「クリスティアーネ・レーア 宙をつつむ」(2015年)に伴い刊行された。

細長い展示空間に適度な距離を取って並べられた作品は、小さなもので縦横約3.5cmに収まるサイズ。背景に写る展示室のコンクリート打ち放し壁面と細く繊細な植物との対比も生まれる一方で、作品に極限まで近づいてその世界に入り込んでしまえば、際立っていたはずの脆さは遠のき、その細く軽い1本1本がバランスを取って支え合う、小さくとも確かな安定性を感じ取ることができる。

展覧会に展示された計44点の彫刻やドローイングの展示風景と、サルヴァトーレ・マッツァ(Salvatore Mazza)の撮影による作品制作・設営の様子を収録。日本の版元から初めて刊行された作品集となっている。

【書籍情報】
『クリスティアーネ・レーア 宙(そら)をつつむ』
寄稿文:ジェルマーノ・チェラント(美術評論家)、ヤニス・クネリス(美術作家)、森啓輔(ヴァンジ彫刻庭園美術館学芸員)
発行:ヴァンジ彫刻庭園美術館
発売:NOHARA
言語:日本語、英語
ハードカバー/128ページ/300×240mm
発刊:2015年8月
価格:2,800円※限定700部、在庫僅少

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング