【ファッション・メイカーズvol.1前】coromoza西田拓志“ファッションに足りないのはつくること”

FASHION HEADLINE / 2014年1月27日 12時0分

写真

「coromoza」ファウンダーの西田拓志氏

“メイカーズ”というと、デジタル機器を使った工作分野の話と思われがちだが、アメリカ・シリコンバレーで開催されるメイカーズの祭典「メイカーフェア」には、手芸やクラフトから蜂蜜やコーヒーなどの農産物まで、あらゆるジャンルのものづくりをする人々の熱気が渦巻いている。この「メイカーズムーブメント」の隆盛は、3Dプリンターの出現や最新機器を設置した工作スペースの開設、更にはeコマースの普及が背景にある。こうしたデジタル技術の発展によって、個人でものをつくり、販売することのハードルは格段に低くなったと言えるだろう。もちろん、もともと自分でつくって楽しむことができる洋服や服飾雑貨の分野でも例外ではない。ファッションは大量生産に頼らない、小規模、直販という産業革命以前の生産・流通体制を再び手にしようとしているようだ。この特集では、そうしたモードともファストファッションとも違う、ファッションにおける新興勢力となりうるメイカーズの動向をレポートし、今後どのような変化が起きるのかを探りたい。

■新しいインフラの整備

まず注目したいのは、誰でも服がつくれる作業スペースだ。昨年6月、東京・原宿にファッションに特化した初めてのコワーキングスペース「コロモザ(coromoza)」がオープンした。プロユースのデジタルミシンやアイロンのほか、レーザーカッターやデジタルテキスタイルプリンターなどの機材、写真撮影用スタジオまで、服づくりのためのさまざまな設備が整った工房となっている。会員は月額2万1,000円からだが、1日会員は15分250円からと気軽に利用できる料金設定だ。現在会員は5・60人で、学生や20代の若者が中心という。

立ち上げたのは、元々ファッションECサイトのディレクターをしていた西田拓志氏。なぜ、ネット出身の西田氏が “つくること”を重視したシェアアトリエをつくったのだろうか。

「元々ネットからファッション業界に入ったので、ファッションにおけるネットの功罪を感じていました。正直、オンラインショップだけでは商品の魅力を伝えきれません。ファッションを勉強した学生に聞いてみても、ウェブの写真だけでは30万円と7,000円の商品の見分けがつかない。オンラインショップの隆盛で、かつて自分が足しげく通った個性的な品ぞろえの地方のセレクトショップもどんどん廃れて行く。そんな状況に疑問を感じ、もっとリアリティーのあるファッションに携わりたいと思うようになりました」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
FASHION HEADLINE

トピックスRSS

ランキング