アーバンリサーチ、池袋パルコで3Dバーチャル試着実施

FASHION HEADLINE / 2014年6月17日 13時0分

「ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ」画面上の洋服は利用者の動きに合わせて回転もする

アーバンリサーチは6月17日、池袋パルコ本館地下1階南正面口横に、バーチャルフィッティング端末「ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ」を期間限定で設置した。

「ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ」とは、3D技術を用いたバーチャルフィッティング。デジタルサイネージ端末に設置されたカメラが利用者の体型を正確に読み取り、端末操作で選んだ洋服を利用者の身体のラインにぴったり合わせて、60型大画面の液晶に表示してくれる。

画面に映された洋服は、端末操作によって大きさを変えることができるだけでなく、利用者の動きと連動して変化するので、実際に試着しているかのような感覚を味わえる。

試着後、端末操作でQRコードをプリントすれば、試着画像をスマートフォンに取り込むことができるので、SNSへの投稿やシェアにも活用できる。撮影の際には、プリクラのように背景を選択することも可能。

同時に、QRコードにアクセスして商品を購入することもできる。アーバンリサーチの斎藤悟氏は「将来的には、商品の在庫情報とリアルタイムで連動した決算機能もプラスして、試着から購入までを端末1台でまかなうことで、省スペースでも出店可能な無人店舗の開発を目指している」と語った。

今回の設置についてパルコ 池袋店 営業課 課長の服部静さんは「非常に面白い試み。こうした新しい機器の導入が、池袋の街全体の活性化にもつながれば」と期待を寄せた。

端末設置は6月30日までの期間限定だが、斎藤氏によると、同端末を今年中に最低でも6台は作りたいという。また、端末が英語と中国語にも対応している理由については、「店舗でのインバウンド対応サービスや海外でのイベント展開も視野にいれている」と説明。現在、ショールームを開設している台北を始め、今後、アジアでの展開も予定しているという。

FASHION HEADLINE

トピックスRSS

ランキング