大手飲食チェーンで40%還元のPayPay新キャンペーン 吉野家・はなまるうどん・サーティワンなど対象店をチェック

ガジェット通信 / 2020年1月17日 16時15分

キャッシュレス決済のPayPayは、2月1日~2月29日の期間、対象の飲食店でPayPay残高にて支払いすると、40%のPayPayボーナスが戻ってくる新キャンペーンを発表しました。

参加企業と対象となる飲食店・ブランドは以下のとおり。

<飲食店・ブランド名/企業名>

サンマルクカフェ/株式会社サンマルクカフェ

すき家/株式会社すき家本部

Coke ON/日本コカ・コーラ株式会社

日高屋、中華一番、来来軒、らーめん日高、ちゃんぽん菜ノ宮/ハイディ日高

はなまるうどん、うまげな、さぬき麺屋、つるさく/株式会社はなまる

サーティワンアイスクリーム/B-R サーティワン アイスクリーム株式会社

松屋、松のや、松乃家、チキン亭、マイカリー食堂、ヽ松(てんまつ)、松そば、ステーキ屋松/株式会社松屋フーズホールディングス

吉野家/株式会社吉野家

合計すると、全国で6500店舗以上に加え、Coke ON Pay対応自動販売機約21万台がキャンペーンの対象となるそうです。

一例として、サンマルクカフェで187円の「チョコクロ」、松屋店内で380円の「プレミアム牛めし(並盛)」、サーティワンで390円の「ポッピングシャワー(シングル)」、はなまるうどんで319円の「ぶっかけうどん(小)」を注文すると、1276円支払ったうち合計509円相当がPayPayボーナスとしてユーザーに付与され、実質767円相当で飲食できた、ということに。

なお、1回の支払いにおける付与上限500円相当、キャンペーン期間中の付与合計上限は1500円相当となっているので注意が必要です。

記憶に新しい「100億円キャンペーン」など大胆なマーケティングで国内のキャッシュレスを推進してきたPayPay。

同社の中山一郎CEOは、今回のキャンペーンについて「外食を盛り上げて、キャッシュレスをより身近に感じてもらうための取り組み。キャッシュレスを知ってるけど使ったことがない人が一歩踏み出すきっかけになれば」と、新規ユーザー獲得への期待を語りました。

さらに、3月には対象のスーパーマーケットでお得に買い物ができるキャンペーンを実施するとしています。

―― やわらかニュースサイト 『ガジェット通信(GetNews)』

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング