『iPad mini』と『Nexus 7』のスペックを比較 『Nexus 7』かなり頑張ってるよ

ガジェット通信 / 2012年10月4日 18時30分

発売したばかりのAndroidタブレット『Nexus 7』は国内でも話題になっており、売り切れ店が続出なほどだ。1万9800円(249ドル)という低価格を実現しており、かなりリーズナブルな機種といえる。一方、10月17日に発表がウワサされているアップルの『iPad mini』はこれに似たようなスペックになるのではと言われている。

過去に発売されてきたiPadシリーズを継承しつつ、各所が『iPad mini』仕様に変更されている。こちらは値段が249ドル~349ドルと容量による幅があるが、値段は低価格路線で攻めてくるようだ。

そんな2機種のスペックを比較してみた。ちなみに『iPad mini』のスペックに限っては現時点の予想に過ぎないのでご了承頂きたい。まず下記が『iPad mini』と『Nexus 7』のスペックである。

iPad mini 予想スペック

CPU:Apple A5(dual-core)

RAM:512MB

ストレージ:8GB(複数バージョンある)

画面:7.85inch

解像度:1024x768(非Ratina、163ppiで画素密度は3GSと同じ)

サイズ(H×W×D):200.13×134.73×7.3

価格:249~349ドル

Nexus 7

CPU:Tegra3 (quad-core)

RAM:1GB

ストレージ:16GB

液晶:7inch Black-lit IPS

解像度:1280x800 HD

バッテリー:4325mAh

サイズ(H×W×D):198.5×120×10.45

重さ:340g

価格:249ドル(19800円)

CPUに目を向けると、『iPad mini』側は『Apple A5』となっており最新のA6ではない。『Nexus 7』のCPUはNvidiaの『Tegra3』となっている。どちらもARMアーキテクチャーがベースとなっているがコア数が異なる。

メモリに関しては『iPad mini』は512MB、『Nexus 7』は1GBとなっており『Nexus 7』に軍配があがっている。ちなみに『iPhone5』や、第三世代『iPad』のメモリは1GBでありそれと比べると『iPad mini』は半分になっている。丁度『iPad2』が同様の512MBであった。初代『iPad』に至っては256MBである。

画面サイズは『iPad mini』が7.85インチ、『Nexus 7』は7インチとなっている。

解像度は『iPad mini』は1024x768(163.057ppi)のXGAなのに対し、『Nexus 7』は1280x800(215.634ppi)のHDサイズとなっている。

上記の『iPad mini』はあくまで予想スペックであるが、現状ではスペックだけで言えば『Nexus 7』に軍配があがっている。しかしアップルは発表でサプライズを持ってくるのが得意である。予想を上回るスペック、もしくは安すぎる価格設定などでファンを驚かせるかもしれない。

しかしiOSはスペックが低くてもサクサク動作するように設計されているので、上記の様なスペックでも十分快適に動作するのかもしれない。実際過去の『iPhone』が快適に動作した際は、上記のスペックに似たような仕様であった。

少し小さいタブレットを欲しい方は何をやりたいかにより『iPad mini』と『Nexus 7』を検討してみては如何だろうか。しかし『iPad mini』予想スペックに書かれている1024x768って比率が16対9じゃないような……。『iPhone5』の比率に合わせないのだろうか。

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。



【関連ニュース】

ガジェット通信

トピックスRSS

ランキング