2ちゃんねる個人情報大量流出! 場当たり的対策しかできないので認める覚悟も持ちましょう

ガジェット通信 / 2013年9月3日 19時45分

2ちゃんねる個人情報大量流出! 場当たり的対策しかできないので認める覚悟も持ちましょう

先日、2ちゃんねるで個人情報が漏洩したというニュースが報じられた。具体的には「2ちゃんねるビューア」(末尾リンク参照)、通称「●」と記されるツールを利用していたユーザーの情報が漏洩したという。

「●」というのは、2ちゃんねる書込閲覧用のPCツールのことで、普通なら読むことのできない過去ログ等が読めたり、本来書き込みできない環境からも書き込みができたりと、2ちゃんねるを頻繁に活用する人には使い勝手がよく、人気が高い。しかしその人気が仇となり、3万人から5万人もの「濃い人」の情報が一挙に流出してしまったのだという。

自分の情報が漏れたかどうかが気になる方は、2ちゃんねる運営スタッフが作ったという確認ページ(末尾リンク参照)でのチェックを薦めておくが、この場合の漏れた個人情報とは何か。

・登録時のメールアドレス

・クレジットカードの種別

・クレジットカードの番号

・ログインID

・ログインパスワード

等々。

このあたりならば、急いでメールアドレスやパスワードの変更、クレジットカードの停止等の対応でどうにかなる。しかし問題はそれだけではなかった。「●」を利用して書き込んだ内容履歴も全部漏れてしまったのだ。早い話がこっ恥ずかしい書き込みから煽りや罵詈雑言、もしかしたらかなり危険かもしれない思想信条や、ばれないと思って流していた各種機関や企業の内部機密、犯罪スレスレな書き込みまで、上記のアドレスやカード等の個人が特定できる情報と紐付けられて漏洩してしまっているのだ。

現状、「●」運営側からは謝罪文が出されてはいるが、だからといって情報漏洩がなかったことになるわけではない。今回の件を検索してみると、情報漏洩して大変だ! といったモノばかりがひっかかるので、漏洩した漏洩したと騒いだところでその中身自体は実はみんな見てないんじゃないの? という気にもなるかもしれない。しかし、実際にはアップロードサイトに掲載されていたりするようで、そこから自分のひどい書き込みがバレたライトノベル作家が謝罪する等(末尾リンク参照)のような事態にも発展するケースもある。

そんなわけで基本的にはもう手遅れなのだが、クレジットカード対応やメールアドレスは最低限、変更しておくこと。もし情報を紐付けられてしまったら最終的には認める覚悟も必要である。

(田中 元)

※写真は2ちゃんねるビューアより

【関連情報】

不正アクセスによるお客様情報流出に関するお詫びとご報告(再掲載/更新)(2ちゃんねるビューア)

http://2ch.tora3.net/

2ちゃんねる運営スタッフが作ったという確認ページ

http://j416.dip.jp/2ch/

ライトノベル作家による謝罪文

http://www.d3.dion.ne.jp/~hikaru_s/nvs/index.html

ガジェット通信

トピックスRSS

ランキング