プラチナ世代の遅れてきた大物…本人も「驚いた」田口をA代表初招集

ゲキサカ / 2014年10月6日 1時1分

プラチナ世代の遅れてきた大物…本人も「驚いた」田口をA代表初招集

 日本サッカー協会(JFA)は4日、負傷のDF吉田麻也(サウサンプトン)に代わって名古屋グランパスのMF田口泰士を招集することを発表した。田口はクラブを通じ「代表に選ばれて正直驚いています。日本代表は初選出となりますが、楽しんでプレーしたいと思います。また日頃、支えていただいているファン、サポーターやクラブの方々の為にも精一杯頑張ってきますので、ご声援よろしくお願いします」とコメントした。

 田口は1991年3月16日生まれ、沖縄県出身の23歳。高校は千葉県の流通経済大柏高に進学。1学年上のFW大前元紀(現清水)やDF比嘉祐介(現京都)らとともに高円宮杯全日本ユース選手権、全国高校選手権の2冠を達成した。

 自身はFW宇佐美貴史(G大阪)やFW宮市亮(トゥエンテ)、MF柴崎岳(鹿島)らと同世代(田口は早生まれのため、学年は2つ上)のいわゆる『プラチナ世代』の一員。宇佐美やMF原口元気(ヘルタ・ベルリン)らとともにU-15日本代表のメンバーとして参加したフランコ・ガッリーニ国際大会ではユベントスを相手に2ゴールを記録するなど、優勝に大きく貢献。大会MVPにも輝いた。

 名古屋入団後はプロの厚い壁に跳ね返され続けていた。しかし入団4年目の一昨季、ボランチとして起用されたことで素質が開花。もともとテクニックは抜群で、攻撃を得意とする田口が、中盤の底に入り、泥臭いプレーもいとわなくなったことで、名古屋のバリエーションも広がった。

 西野朗監督も期待し続ける逸材。プラチナ世代の遅れてきた大物が、日本代表に新たな風を吹き込む。

ゲキサカ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング