ドラマは最後に待っていた…AT同点被弾で浦和が首位陥落

ゲキサカ / 2014年11月29日 16時36分

ドラマは最後に待っていた…AT同点被弾で浦和が首位陥落

[11.29 J1第33節 鳥栖1-1浦和 ベアスタ]

 J1は29日、第33節を各地で開催し、ベストアメニティスタジアムでは首位の浦和レッズと4位のサガン鳥栖が対戦した。前半をスコアレスで折り返した試合は、後半23分にMF阿部勇樹のPKで先制した浦和がそのまま逃げ切ると思われたが、後半アディショナルタイムに鳥栖がDF小林久晃のゴールで追い付き、1-1のドローに終わった。得失点差でG大阪に上回れた浦和は首位陥落、ドローに追い付いた鳥栖も優勝の可能性は消滅した。

 勝ち点61で首位の浦和はこの試合に勝利し、同時刻キックオフのG大阪が引き分け以下に終われば06年以来、8年ぶりのリーグ優勝が決まる状況。勝ち点5差で浦和を追う鳥栖は、勝利すれば最終節まで優勝の可能性を残す大事な試合となった。[スタメン&布陣はコチラ]

 リーグ戦のベアスタでの対戦では鳥栖が2戦2勝と、浦和にとって鬼門と言えるスタジアムだったが、最初に好機を迎えたのはその浦和。前半4分、DF那須大亮の縦パスを受けたMF梅崎司が左サイドに展開すると、ボールを受けたMF宇賀神友弥が右足で狙うも、シュートはクロスバーに弾かれた。

 しかし、その後は鳥栖の集中力の高い守備に苦しみ、PA内までボールを持ち込めない時間帯が続いた。対する鳥栖は前半11分にFW豊田陽平が落としたボールからMF金民友がPA内に侵入するものの、シュートまで持ち込めず。さらに同23分には高い位置でボールを奪ったMF水沼宏太のパスからMF藤田直之が好機を迎えたが、シュートはMF青木拓矢のブロックに遭った。

 両チームともに球際での激しい攻防が続く展開の中、鳥栖をアクシデントが襲う。前半31分、右サイドを突破しようとしたMF岡本知剛が接触のないところで負傷し、MF高橋義希との交代を余儀なくされた。そして同33分、後方からの縦パス一本で抜け出したFW李忠成が独走して決定機を迎えるがシュートは枠を外れ、同42分にはMF藤田直之のロングスローの流れからDF菊地直哉がシュートを放つもGK西川周作のセーブに遭い、前半は0-0のまま折り返した。

 後半に入り、最初に好機を迎えた浦和。後半3分、右サイドを突破したDF森脇良太のグラウンダーのクロスから宇賀神がMF柏木陽介につなぐ。しかし、柏木のシュートはDFにブロックされ、こぼれ球に反応した李のシュートは枠を大きく外した。

 しかし、鳥栖も後半8分に豊田のパスを受けたMF池田圭が好機を生み出すも、シュートは枠を捉え切れなかった。さらに同9分には藤田のクロスの流れから、最後はMF水沼宏太がボレーで狙うも、浦和DFのブロックに遭ってネットを揺らすには至らない。

 なかなか均衡を破れない浦和は後半20分にMFマルシオ・リシャルデスとMF関根貴大を同時投入して、流れを変えようと試みる。すると同22分、最終ラインからのボールに抜け出した李がPA内で菊地に倒されてPKを得るだけでなく、菊地はこのプレーで一発退場となり数的優位に立った。そして、このPKをキャプテンの阿部がきっちりと沈めて浦和が先制に成功した。

 その後は数的不利に陥った鳥栖に好機を作られる場面もありながら、粘り強い守備で得点を許さず。しかし、そのまま逃げ切ると思われた後半アディショナルタイムにCKから小林が同点ゴールを奪い、試合は1-1のドローに終わった。

(取材・文 折戸岳彦)▼関連リンク
[J1]第33節 スコア速報

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング