[大学選手権]届かなかった一歩…関学大成山監督「監督の器の差」

ゲキサカ / 2014年12月21日 18時20分

[大学選手権]届かなかった一歩…関学大成山監督「監督の器の差」

[12.21 大学選手権 流経大1-0関学大 味フィ西]

 一歩届かなかった。展開的に押していたという意味では、半歩だったかもしれない。ただスコアは0-1。関西学院大(関西3)としての初の決勝の舞台は苦いものとなってしまった。

 試合後の会見。声を弾ませる流通経済大の中野雄二監督と最優秀選手のMF鈴木翔登(4年=流通経済大柏高)の横で、成山一郎監督は口を真一文字に結んで、耐えていた。「ここまで来て、改めて優勝するのは難しいことだと感じた。流通経済大は夏の総理大臣杯を取っている強いチーム。そんなチームと決勝が出来て良かった」。意識的に声を張り上げるように話した成山監督。ただ「関学側としては悔しいの一言に尽きます」と悔しさを隠すことはなかった。

 届かなかった一歩とはなんだったのか。指揮官は「中野(雄二)監督と私の男の器の差」と自らを責めたが、本心ではないはずだ。「1回戦からどこに負けてもおかしくない戦い方だった。もっと自分のチームを鍛えなくちゃいけない」。もう悔しい思いはしたくない。関学大は必ずや雪辱を遂げる。
(取材・文 児玉幸洋)▼関連リンク
第63回全日本大学選手権特設ページ

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング