[選手権]茨城決勝でスーパーゴール!第一学院MF畠山翔太「日本一になって感謝の気持ちを伝えたい」

ゲキサカ / 2014年12月26日 7時12分

[選手権]茨城決勝でスーパーゴール!第一学院MF畠山翔太「日本一になって感謝の気持ちを伝えたい」

 第一学院高を創部8年目での初優勝へ導いたのが、MF畠山翔太主将(3年)だ。鹿島高と対戦した茨城県予選決勝でチームは後半アディショナルタイムに追いつかれたが、その直後に畠山が決勝点となるスーパーミドル。全国大会では仲間たちとともに日本一を目指す。

以下、畠山コメント
●MF畠山翔太主将(3年)
―決勝では決勝点となるスーパーゴール
「最初、頭の中が真っ白になって。でも自分でも軌道とかスローモーションに見えたんですよ、全部が。だから来たなと思って。入った瞬間嬉しかったですね」

―前目に位置していたGKの頭上を抜くシュート
「トラップした時に最初中を見たんですよ。味方が呼んでいるからこれ出そうかなと迷ったんですけど、時間もないから迷って。でもGK出ているから思い切って打った」

―自分のゴールもあって決めた全国
「初出場なので、どんどんチャレンジしていくことは自分たちの強みだと思いますし、あとは自分たちに関わってくれた人たちに感謝の気持ちを伝えるのはピッチだと思っているので、そこで勝利して日本一になって感謝の気持ちを伝えたいと思います」

―優勝の要因は?
「ハードワークと切り替えの部分ですかね。ハードワークのところはどんどん前から行けと言われている。茨城県のどこにも走り負けない自信がある」

―通信制の第一学院は全国各地にキャンパスがあって応援してくれる
「自分たちのためにいろいろなキャンパスの方が応援してくださっているので、自分たちはピッチで返すことしかできないので、しっかりと準備して戦っていきたい」

―どういう決意をもってこの学校に
「自分は3年前にここの決勝を見て、全国行きたいなと思っていたので、行けるならここが一番近道なのかなと思ってきました」

―通信制の学校でサッカーに集中できる。実際に何が違う?
「朝から練習できるのは強みだと思いますし、夏とか午前中からのトレーニングで体力をつけられる。午後もミーティングすることができている。空いた時間に自主練で筋トレする人もいるし、身体休める人もいる」

―ここで3年間成長してきた
「厳しかったですね。2年の時は大石さん(当時監督。現藤枝MYFCヘッドコーチ)に一番怒られたと思いますし、そのおかげもあってメンタルも強くなったと思いますし、大石さんのおかげで今ボランチもできている」

―自分自身の強みは
「出ている11の中で一番技術がないので、気持ちで戦ったり、ハードワークしたり、声を出したりというところが自分の持ち味だと思いますし、そこが(監督の)佐々木さんからも求められているところ」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング