[CL]マンU、デパイが古巣PSVに恩返し弾も…逆転負けで黒星発進

ゲキサカ / 2015年9月16日 14時19分

[CL]マンU、デパイが古巣PSVに恩返し弾も…逆転負けで黒星発進

[9.15 欧州CLグループリーグ第1節 PSV 2-1 マンチェスター・U]

 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)は15日、グループリーグ第1節1日目を各地で行った。B組のマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)は敵地でPSV(オランダ)と対戦し、1-2で敗れた。第2節は30日に行われる。

 プレーオフを勝ち抜き2シーズンぶりの欧州CL本戦に帰ってきたユナイテッドは、練習中にハムストリングを負傷したエースFWウェイン・ルーニーが遠征メンバーから外れ、欠場。右MFにMFアシュリー・ヤングを入れ、10代歴代最高移籍金で加入した“アンリ2世”FWアントニー・マルシャルが1トップの位置に入った。

 高い位置からのPSVのプレスに苦しんだユナイテッドにアクシデント発生。前半16分、左からスピードに乗って斜めに仕掛けたDFルーク・ショーがDFエクトル・モレノのファウルで負傷し、DFマルコス・ロホとの交代を余儀なくされる。ロホがセンターバックに入り、DFダレイ・ブリントが左にポジションを変えた。

 予定外の交代を強いられたユナイテッドだが、前半終盤に試合を動かす。前半41分、ブリントのスルーパスでDFサンティアゴ・アリアスの裏に抜け出したFWメンフィス・デパイが左から切れ込んで華麗にDFジェフリー・ブルーマをかわして左足シュート。昨シーズンまで在籍した古巣のゴールネットを揺らし、先制に成功した。

 勢いに乗るユナイテッドは立て続けに決定機を迎える。前半43分、マタのスルーパスからデパイが左足シュート。同44分にはDFクリス・スモーリングが高い位置でボールを奪い、そのまま攻め上がって左足シュートも追加点とはならず。逆に同アディショナルタイム2分にCKからモレノにヘディングシュートを決められ、1-1で前半を折り返した。

 前半終了間際に追いついて後半を迎えたPSV。後半立ち上がりにマルシャルとデパイで崩され、シュートまで持ち込まれるがGKイェルーン・ズートがセーブ。すると、同12分に相手のミスから逆転に成功する。DFマッテオ・ダルミアンのパスミスからMFアンドレス・グアルダードが左へ展開し、MFマクシム・レスティエンヌのクロスをFWルシアーノ・ナルシンがヘッドで合わせて、2-1とした。

 1点を追う展開となったユナイテッドは後半16分、MFバスティアン・シュバインシュタイガーがゴール前に入れた浮き球を右から斜めに走り込んだマタがトラップミスでシュートまで持ち込むことができない。同19分、20分と立て続けにMFアンデル・エレーラ、ヤングがシュートを放つもPSVの守備を崩すことができない。

 後半30分、ユナイテッドはエレーラに代えて、MFマルアン・フェライニを前線に入れた。同32分、デパイのスルーパスからPA右へ抜け出したマルシャルが右足シュートもゴール左へ外れる。同38分には、一瞬の隙をつかれてFWルーク・デ・ヨングに決定的な場面を作られたが、シュートミスに助けられた。

 終盤は一方的な展開となったが、ユナイテッドの攻撃が同点のゴールネットを揺らすことはなく、1-2のまま試合は終了。2シーズンぶりの欧州CL本戦も白星スタートとはならなかった。一方で08-09シーズン以来の本戦となったPSVはホームで価値ある白星となった。
●プレミアリーグ2015-16特集
●欧州CL15-16特集

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング