YS横浜、30歳白井と今季23試合出場25歳井上が現役引退表明

ゲキサカ / 2015年12月11日 20時14分

 Y.S.C.C.横浜は29日、DF白井脩平(30)とFW井上和馬(25)が今季限りで現役を引退すると発表した。

 立命館大出身の白井は、佐川印刷SCから2010年に当時関東1部リーグのY.S.C.C.横浜に加入。6年間在籍し、J3に昇格したチームの創成期を支えた。今季の出場は2試合だった。「苦労の方が多かったけれど、全てが僕の財産となり宝です。今後はこの経験を糧に、新たなチャレンジをしていきたいと思います!」(公式サイト)。

 井上は東海大から2012年に当時JFLのY.S.C.C.横浜に入団。すぐに主力として活躍し、Jリーグの舞台へと導いた。今季は23試合に出場して2得点。引退を決意した25歳は、「この4年間で培った経験を、次のステージでも活かして行きたい」と第2の人生への意気込みを語った。

 また、YS横浜は、DF服部大樹が退団することを発表している。
●2016年Jリーグ移籍情報

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング