[CL]マンU、マルシャルの先制弾も逆転負けで敗退決定…ボルフスが首位通過

ゲキサカ / 2015年12月9日 6時42分

[12.8 欧州CLグループリーグ第6節 ボルフスブルク3-2マンチェスター・U]

 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)は8日、グループリーグ第6節1日目を各地で行った。B組のマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)は敵地でボルフスブルク(ドイツ)と対戦し、2-3で敗れた。この結果、ボルフスブルクの首位通過が決まり、他会場の結果からユナイテッドに敗退が決定した。

 B組は最終節までグループリーグ突破が決まらない混戦の状況。首位ボルフスブルクは引き分けでも突破が決まり、勝てば首位通過となる。一方で、勝ち点1差で2位のユナイテッドは勝てば首位通過となるが、引き分けの場合は3位PSV(オランダ)対4位CSKAモスクワ(ロシア)の結果次第で決勝トーナメント進出かヨーロッパリーグ(EL)かが決まる。

 お互いに勝てば突破が決まるだけに慎重な立ち上がりになるかと思われたが、序盤から試合は大きく動いた。ボルフスブルクは前半3分、右サイドの浅い位置から上げたクロスをPA手前やや右でFWマックス・クルーゼがヘッドで後方へそらし、空いたスペースにフリーで飛び込んだMFアンドレ・シュールレがPA中央から右足ボレー。GKダビド・デ・ヘアと1対1の場面だったが、枠を大きく外し、この試合最初のチャンスを逃した。

 直近の公式戦10試合で5試合スコアレスと得点力不足に悩まされているユナイテッドは、FWウェイン・ルーニーが欠場。この試合もゴールが遠いかと思われたが、前半10分に先制点を挙げる。最終ラインのDFダレイ・ブリントの縦パスを敵陣中央左寄りで受けたMFフアン・マタが反転からスルーパス。相手の裏を取り、PA左へ抜け出したFWアントニー・マルシャルがワントラップから右足シュートを冷静にゴール右隅へ流し込み、先制のゴールネットを揺らした。

 ホームで先制を許したボルフスブルクだが、すぐさま同点に追いつく。前半14分、敵陣中間右で得たFKをDFリカルド・ロドリゲスがPA内やや右へ放り込む。これを中央から横へ流れたDFナウドが、後方からの難しいボールを完全に右足でとらえ、ゴール右隅に突き刺す。同27分には右CKからPA中央のMFマルアン・フェライニにヘディングシュートを打たれたが、GKディエゴ・ベナリオが至近距離でしっかり弾き、流れを引き渡さなかった。

 すると、ボルフスブルクは前半29分に逆転に成功する。敵陣中央左寄りからシュールレがサイドチェンジ。右サイド中間のMFユリアン・ドラクスラーが胸トラップから中央へカットインし、MFバスティアン・シュバインシュタイガーをかわしてクルーゼとのワンツーでPA内やや右へ抜け出す。GKデ・ヘアが飛び出していたが、左横のMFビエリーニャへ送り、右足で無人のゴールに流し込んだ。

 前半のうちに逆転されてしまったユナイテッドは、前半39分にも連携ミスからカウンターを受け、シュールレとドラクスラーに崩されてシュートまで持ち込まれたが必死の守備で追加点を許さない。すると、同45分に左サイドの高い位置でボールを奪い、MFジェシー・リンガードがPA左角から上げたクロスがそのままゴール右隅に吸い込まれたが、中央にいたマタがオフサイドだったとして得点は認められなかった。

 1点ビハインドで前半を終え、早い時間帯に同点に追いつきたいユナイテッド。後半15分、右サイドのPA手前からマルシャルが上げたクロスをフェライニがヘッドで落とし、PA右深い位置のマタのシュートは相手DFのブロックに遭い、こぼれたボールをPA左のFWメンフィス・デパイが倒れ込みながら右足ボレーもGKベナリオのセーブに遭う。その2分後の同17分にもFKのサインプレーからチャンスも最後にマタに合わず、ゴールが遠い。

 逆にホームで勢いに乗るボルフスブルクに立て続けにチャンスが訪れる。後半19分、DFダンテの自陣からのフィードを左サイドのPA付近でシュールレが受ける。これにプレッシャーをかけたGKデ・ヘアから離れるようにボールをキープしたシュールレが右足ループもGKデ・ヘアが懸命に右手一本で弾き出す。さらに同21分、ドラクスラーのスルーパスをPA左で受けたシュールレが決定的なシュートもGKデ・ヘアの好セーブに阻まれ、追加点とはならなかった。

 ユナイテッドは後半24分にMFマイケル・キャリックとMFニック・パウエルを投入し、攻勢を強める。同27分、ペナルティーアーク左で獲得したFKをデパイが直接狙うも、壁の右を抜けたカーブのかかったシュートは曲がり切らず、わずかに右へ外れる。1点ビハインドでDFクリス・スモーリングも負傷し、追い込まれたユナイテッドだったが、同37分にブリントの左CKからPA中央でフェライニがヘディングシュート。MFジョシュア・ギラボギのクリアミスを誘い、オウンゴールでついに2-2と同点に追いついた。

 しかし、後半39分、ボルフスブルクが左CKをPA中央から右へ流れ、マークを外したナウドがヘッド。カバーに入ったブリントがクリアし切れず、ユナイテッドが2-3で敗戦。他会場の3位PSVがCSKAに2-1で勝利したため、3位に順位を落とし、欧州CLの敗退が決まり、ELへまわることとなった。
●プレミアリーグ2015-16特集
●欧州CL15-16特集

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング