日タイ共同製作映画に期待=天草イルカ インフォメーション センター

Global News Asia / 2015年1月9日 17時0分

ミナミハンドウイルカ(2015年1月9日熊本県天草市で撮影)

 2015年1月9日、天草イルカインフォメーションセンターは、タイで間もなく公開されるオール熊本ロケの日タイ共同製作映画『Hand in the Glove』のタイでの大ヒットに期待を寄せている。

 映画を見た多くのタイ人が熊本に興味を持ってもらえれば、イルカを見に天草を訪れるタイからのお客様も増えるのではと考えている。

 親子イルカも見られる、天草のイルカウオッチング。野生のイルカをたくさん見ることが出来る貴重なエリアだ。熊本県の3大観光地の一つとして、港湾整備に熊本県も力を入れている。

 映画の説明を聞いた在東京タイ王国大使館のパッタラット公使参事官は「この映画で美しい熊本の風景を観て、多くのタイ人が熊本を訪れることでしょう」とコメントしている。

 日本とタイの国際共同製作映画『Hand in the Glove』(2015年夏公開予定)は、架空の王国の王子がお忍びの休暇で日本を訪れ、日本の女性と出会った3日間を描いたロマンティック・ロードムービー。日本とタイのスタッフが共同で、全編・熊本で撮影した作品。

監督:稲葉雄介
撮影監督:パイラット・クムワン
主演:チャーノン・リクンスラガーン、伊澤恵美子

【あらすじ】
ルベール王国のアリエル王子と付き人のクリスはお忍びで休暇を過ごすため、アリエルの父の古い友人ヒデが総支配人を務める熊本のホテルを訪れる。到着早々、勝手に出歩こうとするアリエルだが、クリスに見つかりホテルの部屋に連れ戻される。日々、王位継承者というプレッシャーと戦っているアリエルは、この休暇にかこつけて『自由』を体験したいのである。アリエルに王族らしい節度ある行動を求めるクリス。しかしアリエルの気持ちを分からないでもないクリスは一計を案じ、ヒデに監視人=公認のデート相手を探すように依頼する。
予告編:http://youtu.be/sOF1mnFWtkU
【編集 : 安麻比呂 】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング