【タイ】バンコクでタクシー革命「絶対に乗車拒否をしない」新タクシー会社が誕生!

Global News Asia / 2015年2月12日 9時0分

バンコク都内に500台の「プリウス」を配備する。4月1日から、バンコク各地で試行運用を実施し、5月1日から本格的に稼働を始める。(写真は、オールタイタクシー提供)

 2015年2月11日、バンコクでは、メーターを使用せずにドライバーが高額の料金を提示し、その金額に利用者が応じなければ乗車拒否されるケースも多く、大きな問題になっている。

 「絶対に乗車拒否をしない」というタクシー会社が誕生し、注目を集めている。バンコク都内に500台の「プリウス」を配備する。

 オールタイタクシー株式会社は、初乗りは35バーツで、支払いは現金またはクレジットカード・デビットカードが使用できる。また領収書の発行にも応じる。(迎車料+20バーツ)4月1日から、バンコク各地で試行運用を実施し、5月1日から本格的に稼働を始める。

 安全対策にも力を入れ、車内に設置したシステムで、利用者との会話や走行スピードを常時監視する。その他にも、「女性客用の女性ドライバーサービス」、「スマートフォン配車サービス」、「24時間対応の電話受付配車サービス」にも対応。

 「絶対に乗車拒否をしない」タクシー会社は、バンコクで長距離バスサービスを展開するナコンチャイエア株式会社の子会社。

 ナコンチャイエアは、格安航空会社LCCの影響で経営環境が厳しくなっていたため、タクシー事業への参入を決めた。

 ナコンチャイエアのバスは、サービスの良さには定評があり、今回新たに参入するタクシー業界でも、これまでのバンコクのタクシーのイメージを覆すような、改革を期待したいとの声が多い。

【編集 : 高橋大地】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング