インケースのバックパックで新生活をスタートさせてみては?

&GP / 2018年3月25日 21時13分

写真

インケースのバックパックで新生活をスタートさせてみては?

全国各地で桜が咲き始めたら、いよいよ新生活シーズンの到来。この時期に合わせて靴や洋服、カバンなど身の周りのモノを新調する人もいるのではないでしょうか。そんな新生活シーズンにふさわしいバックパックが、Apple社公認のケース&バックブランド、Incase(インケース)より発売されますよ。

「Path Backpack(パスバックパック)」は、オンでもオフでも使えるインケースならではのシンプルなフォルム。メインコンパートメントはモバイルPCや書類、アクセサリー用品を分けて収納できるオーガナイザーを搭載。

ラップトップ専用スリーブは最大15インチのMacBook Proが収納でき、パッドと贅沢なファーライナーが付いているので、繊細なデバイスもしっかりと保護します。最大容量は18Lなので、仕事で使うもの以外のモノも収納できます。例えば、仕事後にジムに通うような人であればシューズやウェア、タオルなども一緒に持ち歩けますよ。

保護サイドパネルには500mlのペットボトルや折り畳み傘が収納可能。片方にはポケットもついているので、お財布や鍵など、よく使う貴重品などを入れておけます。

ショルダーストラップはクッション入りで、肩や腰に負担をかけません。生地には840デニールナイロン生地を使用しており、堅牢性もバッチリ!

バックパックのエントリーモデルとして、学生や新社会人におすすめの「Path Backpack」。 サイズは46×30×15cm、ラップトップ専用スリーブには15インチまでのMacBook Pro、iPad、iPhoneが収納可能。カラーはブラックとネイビーの2色。価格は1万2000円です。

>> Incase「Path Backpack」

 

(文/&GP編集部)

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング