今夏のSIMフリースマホの目玉!? コスパ最強「moto g7」シリーズ

&GP / 2019年5月31日 6時30分

写真

今夏のSIMフリースマホの目玉!? コスパ最強「moto g7」シリーズ

モトローラ・モビリティ・ジャパン(以下、モトローラ)が、SIMフリースマートフォンの新モデルを発表しました。同社の売れ筋「moto g」シリーズの第7世代モデルで、「moto g7」「moto g7 plus」「moto g7 power」の3モデルが6月7日に発売されます。

これら「moto g7ファミリー」は、パッと見の印象はどれも似ています。画面サイズはほぼ同じで、しずく型のノッチがあり、背面パネルにある象徴的なモトローラのロゴには指紋センサーが搭載されています。

▲左から、moto g7、moto g7 plus、moto g7 power

どれを選ぶべきか? まずは、スタンダードモデル「moto g7」から紹介しましょう。

■約3万円でデュアルカメラ搭載の「moto g7」

6.24インチのフルHD+(2270×1080ドット)ディスプレイを搭載。CPUはSnapdragon 632(1.8GHz オクタコア)で、メモリ(RAM)が4GB、ストレージ(ROM)が64GBというミドルレンジモデルです。

▲縦横比19:9の大画面ディスプレイを搭載。ボディ幅は約75.3mmあるが、最薄部が約7.92mmと薄いこともあり、持ちやすい

アウトカメラは1200万画素(F1.8)+500万画素のデュアルカメラで、背景をぼかすポートレートも撮れます。また、4倍までは画質の劣化が補正される「ハイレゾズーム」も搭載しています。インカメラはシングルレンズ(F2.2)で800万画素ですが、背景をぼかしてセルフィーを撮ることもできます。

nanoSIM2枚とmicroSDを装着できるトリプルスロットを搭載し、国内全キャリアのLTEに対応。DSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)にも対応しています。

▲moto g7 ファミリーは、どの機種もトリプルスロットを搭載

カラバリはセラミックブラックとクリアホワイトの2色。Motoストア(モトローラのオンラインストア)での価格は3万800円(税抜)です。

▲左がクリアホワイト、右がセラミックブラック。強化ガラスを用いた背面パネルの質感も◎

 

■約4万円で高性能カメラを楽しめる「moto g7 plus」

「moto g7 plus」は、主にカメラの性能を強化した、moto g7の上位モデルです。

6.24インチのフルHD+(2270×1080ドット)ディスプレイを搭載し、CPUは、moto g7よりも少しだけ性能が高いSnapdragon 636(1.8GHz オクタコア)。メモリ(RAM)が4GB、ストレージ(ROM)が64GBという構成は、moto g7と同じです。

▲ボディ幅はmoto g7と同じ約75.3mmだが、最薄部が約8.27mm。されど、moto g7よりも2g軽い

カメラは、アウトカメラが1600万画素(F1.7)+500万画素のデュアルカメラで、インカメラは1200万画素(F2.0)。アウトカメラには光学式手ブレ補正機能を搭載し、暗所撮影も強化されたので、明るくシャープな夜景も撮れます。

▲多彩な撮影モードを搭載。パラパラ漫画のような映像が撮れる「Cinemagraph」も楽しめる

ほかに、27Wの急速充電により、15分で最長12時間分の充電ができること。ドルビーオーディオに対応したスピーカーを内蔵していることなどがセールスポイント。

カラバリはビバレッドとディープインディゴの2色。Motoストアでの価格は3万8800円(税抜)です。

▲左がビバレッド、右がディープインディゴ。かなり光沢が強く、高級感のある仕上がり

 

■2万円台で5000mAhバッテリーを搭載した「moto g7 power」

「moto g7 power」は、スタミナが自慢のミドルレンジモデル。moto g7/g7 plus(どちらも3000mAh)よりも圧倒的に大容量の5000mAhバッテリーを内蔵しています。モトローラによると、平均的なユーザーの使い方で最長3日の電池持ちを見込めるそうです。

ディスプレイは6.2インチのHD+(1570×720ドット)と、ほかの2モデルよりも控えめ。CPUは、moto g7と同じSnapdragon 636(1.8GHz オクタコア)。メモリ(RAM)が4GB、ストレージ(ROM)が64GBという構成もmoto g7と共通しています。

▲大容量バッテリーを搭載しているため、重さは約193gある。だが、さほど重くは感じず、一般的なスマホと思える範疇

カメラは、アウトカメラが1200万画素(F2.0)で、インカメラは800万画素(F2.2)。カメラのスペックはさほど高くはないので、カメラをよく使う人は、上位モデルのmoto g7/g7 plusを選ぶべきでしょう。

▲カメラ機能は、機種によって差があるので注意が必要

カラバリはセラミックブラックのみ。Motoストアでの価格は2万5800円(税抜)です。

▲色は、このセラミックブラックのみ

 

■Pure Androidで、なおかつAndroidエンタープライズ推奨端末

モトローラのスマホは、ベーシックなAndroidをそのまま搭載する「Pure Android」端末で、最新のAndroid 9をプリインしています。操作性がシンプルでわかりやすく、新しいOSが公開された場合のアップデート対応が(おそらく)早いこともメリット。さらに、今回のmoto g7ファミリーは、グーグルがビジネス向け端末としてふさわしいと認証する「Androidエンタープライズ推奨端末」にもなっています。

▲モトローラ・モビリティ・ジャパン 代表取締役のダニー・アダモポロウス氏(左)と、プロダクトマネージャーの島田日登美氏(右)。自信のある新モデルを手にして笑顔

発表会で実機に触れてきましたが、最も安いmoto g7 powerでもチープ感がなく、価格以上と思える手触り。動作性にもストレスを感じなく、これといった欠点が見えない仕上がりでした。今夏のSIMフリースマホ市場の目玉になるかもしれませんよ。

 

>> モトローラ

 

(取材・文/村元正剛

むらもとまさかた/ITライター

iモードが始まった1999年からモバイル業界を取材し、さまざまな雑誌やWebメディアに記事を寄稿。2005年に編集プロダクション「ゴーズ」を設立。スマホ関連の書籍・ムックの編集にも携わっている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング