今日から毎日使う!サーモス「保冷缶ホルダー」の使い勝手が良すぎる!

&GP / 2020年8月2日 21時0分

写真

今日から毎日使う!サーモス「保冷缶ホルダー」の使い勝手が良すぎる!

<&GP編集部員が買ってみた!使ってみた!>

暑い…。

長い梅雨が明けたかと思ったら、いきなりアクセル全開、朝から快晴。突然の夏到来に、起床直後から少々びびり気味です。

しかし、この時のために準備はしていました。それがこのサーモスの「保冷缶ホルダー」(2750円)です。

遡ること1週間前。ふと「そろそろ梅雨が明けるなぁ」なんて思った時に、「夏を迎えるにあたり何か準備をしなくては」と考えました。そしてたどり着いたのが「保冷缶ホルダー」だったんです。梅雨が明けたらキンキンに冷えた缶ビールを入れ、クーッ!とやろう、そう決めていました。1週間も前から。

そして時は来た!

■細かい工夫がいっぱい!

この手の保冷缶ホルダーは、以前よりさまざまなブランドから発売されていますが、数多ある中から最終的に選んだのはサーモスでした。昨年からスタートしたアウトドアシリーズのひとつで、シンプルに見えて、実はかゆいところに手が届く工夫が満載です。

そのひとつが内側の突起です。この突起があるため、缶を入れようとしても途中で止まります。

なので、止まったところで一度グッと力を入れる必要があります。すると底までストンと入ってくれます。

この突起があるおかげで…

逆さまにしても缶が落ちない! 地味だけど、よく考えられています。

もちろん本体は真空断熱構造。保冷力はステンレス魔法瓶の老舗ブランド・サーモスなので間違いなし。30℃の室内で、4℃に冷やした350ml缶の水が1時間後でも約7℃までしか上がらないとか。さすが。

そしてプラスチック製のフタが付いています。

パッキン付きで、フタの内側にはスリット入り。これ要するに、フタ付き保冷タンブラーとしても使えるということなんです。

だから泡泡のビールを飲みたいなら、タンブラーとして使えばOK。350ml缶全部は入らないのですが、ひと口飲んでさらに注ぎ足せばいいので問題なし。

ちなみに保冷だけじゃなく、保温性があるので熱い飲み物も大丈夫。これなら、冷たいお茶や温かいコーヒーにだって使えます。缶ビールをずーっと冷たいままで飲みたいが目的だったのですが、他にも使いみちはいろいろありそうです。

と説明はここまで。目の前にビールがあるのにおあずけはツライ。そろそろ飲んでもいいですか?

今回、缶ホルダーを購入した理由は、自宅で冷たいままのビールを飲みたいからだけではありません。キャンプに行けるようになった時に持っていこうと考えたからでもあるんです。だから、その時のイメトレも兼ねて、アウトドアチェアを出して、ミニテーブルを置いて…。

悪くない。いやイイ。そしてビールが美味い! あっという間に1本空けました。

そして外は相変わらず気持ち良く晴れている。そこで、どのぐらいの保冷力かを確かめるために、近所の公園に行ってみることにしました。冷蔵庫からもう1本ビールを取り出し、缶ホルダーに入れて…。

 

■日々家で使いたくなる

自宅から歩いて10分ほどの場所にあるちょっと大きめの公園は、昼前だからなのか人影はほとんどなし。元々、普段から人が少ない公園なので、予想通りです。

いい感じの場所を見つけたので、少しだけ日向ぼっこすることに。

持ってきたのは、先ほど自宅でも広げたアウトドアチェアの袋だけ。中に、ミニテーブル、缶ビールを入れた缶ホルダー、文庫本を入れてきたので、それらを全部出してそそくさと準備。

すべて整えてチェアに座ると、時折ふわっと風が。あぁ気持ちいい。セミの鳴き声がハンパないですが、これも夏だからこそ。

ビールは冷えた状態で缶ホルダーに入れたおかげで、まだ冷たい。といっても15分程度しか経ってませんが…。

そして使ってみて気付いた、持ちやすさ。中央のくびれがちょうどいい。また、缶を入れた状態での重さやサイズ感、ステンレスの手触りもいい。こういう感覚的な部分でいいと感じられるプロダクトは、その後もよく使うようになるんですよね。

ちなみに500ml缶も入れられますが、上にかなり飛び出ます。いかに保冷力があるとはいえ徐々にぬるくはなるので、飲み切るまでの時間を考えると350ml缶がベストかもしれません。

*  *  *

保温タンブラーとしても缶ホルダーとしても使える二刀流。底面は樹脂パーツになっているので、多少滑りづらくもなっている。細かい部分までしっかり考えられた、使えばわかる優秀っぷりはさすがのひと言。これなら家でも使いたくなりますね。

>> サーモス「保冷缶ホルダー」

<文・写真/円道秀和(&GP)>

※厚生労働省による<「新しい生活様式」の実践例>(https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000641743.pdf)には「公園はすいた時間、場所を選ぶ」とあります。公園を利用する場合は、人との距離を保ちマスクを着用しましょう。また、飲酒や飲食禁止の公園もあります。ルールに従って利用するようにしてください。

 

【関連記事】

◆保温だけじゃない!燻製も楽しめるサーモスの新作が到着!
◆信頼のサーモスから待望のアウトドアシリーズが登場!これは揃えたくなる!
◆夏の買い出しに最適!保冷バッグの代わりにもなりますよ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング