1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ

より精悍になった「アウディQ5」は、グレードの違いも明確化

IGNITE / 2021年2月28日 13時0分

写真

アウディのミドルサイズSUV「Q5」が大幅改良を実施し、より存在感のある見た目と今どきのインフォテインメントシステムを獲得した。

それに合わせて心臓部もブラッシュアップされ、ガソリン/ディーゼルともにマイルドハイブリッドを搭載して効率性を高めている。

[nextpage title=”12Vのマイルドハイブリッドを搭載”]

現行のアウディQ5は、2017年に登場した2世代目。軽量化とパワーアップを同時に果たすという理想的な肉体改造に成功し、クワトロ(4WDシステム)による卓越した走りに磨きをかけている。

続く2019年には、日本市場では約40年ぶりとなるアウディ製のディーゼルモデル「Q5 TDI」を復活させ、アウトドア派への魅力的な選択肢を加えている。

今回の大幅改良では、外装デザインを大幅にアップデートし、「Q」モデルならではのパワー・堅牢性・安全性を力強く表現している。

具体的には、八角形のシングルフレームをよりフラットで幅広い形状に変更。LEDヘッドランプの上部には、新しいライトシグネチャーを備えたデイタイムランニングライトを組み込み、開口部を広げたサイドインテークには、台形をモチーフにしたデザインを採用している。

グレード構成は、ベーシックな「advanced」とスポーティな「S line」という2種類。「advanced」は最上級SUVの「Q8」が採用しているグリッド形状のグリルにマットアルミルックの垂直ラインを採用し、ベーシックグレードでありながら力強く個性的な装いとしている。

一方の「S line」は、クールなハニカムメッシュグリルを採用し、前後のLEDライトにはダイナミックインディケーターを内蔵。また、Sルーフスポイラーも装備し、控えめながらも見る人が見ればわかるスポーツ性を漂わせている。

インテリアでは、10.1インチのタッチスクリーンや音声認識機能を備えた最新のインフォテインメントシステム「MIB3」を初採用し、快適なドライブをサポートする。

パワートレーンも刷新し、「45 TFSI quattro」は2.0Lの直噴ガソリンターボ(249ps/370Nm)を、「40 TDI quattro」は2.0Lの直噴ターボディーゼル(204ps/400Nm)をそれぞれ搭載。いずれも7速Sトロニックに加え、ベルト駆動式オルタネータースターター(BAS)と12Vリチウムイオンバッテリーを用いたマイルドハイブリッドシステムを組み合わせている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング