一生に一度は行きたい!世界のパワースポット5選

IGNITE / 2014年11月24日 18時1分

写真

日本にもパワースポットはたくさんありますが、世界にはもっとたくさんのパワースポットが存在します。世界のパワースポットには、それぞれに古くからの言い伝えがあり、訪れた人に幸運をもたらしてくれると信じられています。

一生に一度は行ってみたい、世界のパワースポットを紹介したいと思います。年末年始の海外旅行を考えている人は、ぜひ、パワースポットを訪れてみてはいかがでしょうか?

■モンサンミッシェル/フランス

フランス西部、ノルマンディーにそびえる孤島「モンサンミッシェル」は、フランスの有名な観光地です。島の中心に建つ修道院は、11世紀頃のものとも言われ、フランス中世の景色が色濃く残る場所でもあります。海に浮かぶような景観は、訪れた人を魅了し、フランス旅行に行ったらモンサンミッシェルは見なければ!と言われるほどです。

世界遺産でもあるモンサンミッシェルですが、実はパワースポットとしての一面もあります。モンサンミッシェルというのは「聖ミカエルの山」という意味があります。

古くからのカトリック巡礼地であり、100年戦争では城塞として戦いを乗り切りました。モンサンミッシェルにはミカエルの癒しや浄化、勝利へと導くパワーが溢れているのです。フランス旅行に行ったら、モンサンミッシェルのエネルギーを感じてみるといいかもしれませんね。

■アヤソフィア/イスタンブール

モザイク装飾が有名な、ビザンチン建築最高の傑作として名高い「アヤソフィア」は、イスタンブールのパワースポットです。アヤソフィアはキリスト教会として建設され、後にイスラム寺院に改築されました。イスラム寺院に改築されたときには、内部のモザイク装飾は漆喰で塗りつぶされてしまいました。

現在ではキリスト教とイスラム教の融合した博物館として一般公開されています。20世紀初頭にモザイク装飾が発見され、修復作業によって現在ではモザイク装飾を楽しむことも出来ます。

アヤソフィアがパワースポットと言われるのは、北西奥にある支柱の「聖母マリアの手形」です。柱にあるくぼみに親指を入れて水でぬれるか、手を放すことなく円を描くことが出来れば願いがかなうと言われています。

アイヤソフィアを訪れたときには、ぜひ、「聖母マリアの手形」に幸せを祈ってみてください。

■カレル橋/チェコ

チェコの中でも、中世ヨーロッパの姿を色濃く残すプラハは、チェコの中でも人気の都市です。9世紀から建設された建造物郡は、世界遺産にも登録されています。ヴルダヴァ川に架かっている「カレル橋」も、世界遺産のひとつです。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
IGNITE

トピックスRSS

ランキング