手書き文字派におすすめ!ブラシツールが豊富なペイントアプリならこだわりの手書き文字が書けるんです♡

ISUTA(イスタ) / 2020年9月12日 19時0分

ペイントアプリはイラスト専用という印象があるかと思いますが、実は写真に文字を手書きする時にも活躍してくれるんですよ。


ペイントアプリならではの豊富なブラシを使いこなせば、画像加工アプリを上回る手書き文字が書けちゃうかも!?


今回は「メディバンペイント」を使って、手書き文字にチャレンジします♩


メディバンペイント




写真に手書きの文字を入れたい時は、新しいキャンバスから「画像を選択してインポート」を選択してスタートします。





画像が用意されると線画抽出しますか?と聞かれますが、写真に文字入れする場合は「線画抽出しない」を選んでくださいね。





写真が表示されたら、左上の「ブラシ選択」でブラシの種類を変更できます。





ダウンロード時には上記のような、18種のブラシが装備されているんです♡





物足りないなと感じる人は、右上+ボタンでブラシ追加をしてみて!





メールアドレス登録を行うだけで、150種類以上のブラシが無料で使えるようになるんです♡


おすすめはパールっぽいラインで文字が書ける「ビーズブラシ」や、繊細なラインが表現できる「シャープペンシル」など、表現の幅が広がりそうなブラシが沢山用意されています。





カラーの変更は右側のタブや下記のパレットマークから、ブラシの細さや透明度は左下や右上の編集ボタンで調整可能です。  





左上のペンマークをタップすると、テキストツール/バケツツールなど、便利な編集機能が登場♩





手書きで個性を発揮したい人は、ぜひ利用してみてくださいね。


手ぶれ補正が便利




細かい作業が苦手な人におすすめなのが、手書きラインを自動補正してくれる「手ぶれ補正」機能。


上部メニューを左スワイプして「手ぶれ補正」数値を上げると、手書きでぶれてしまったラインをまっすぐに補正してくれます!手書きに不慣れな人はぜひ使ってみてくださいね。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング