BT非対応のオーディオ機器からワイヤレスで音を飛ばせるBTトランスミッター「Anker Soundsync」

ITライフハック / 2018年6月14日 13時0分

写真


アンカー・ジャパンは、モバイルライフ・パートナーブランド「Anker」において、Bluetooth 5.0に対応した、初のトランスミッター&レシーバー「Anker Soundsync」を発売する。価格は3,999円(税込)。

■BTで音を飛ばせない機器の音をワイヤレス化できるアダプター
本製品は、付属のAUXケーブルやRCAケーブル、光ケーブルを使用し、Bluetooth非対応のパソコンやTV、携帯電話、ステレオ機器等と接続することで、音楽やサウンドをワイヤレスで気軽に楽しめるよう切り替えるアダプター。

■BT5.0対応なので高ビットレートデータの転送速度も十分で低遅延
片手に収まるコンパクトサイズながら、トランスミッター(送信機)とレシーバー(受信機)の2役をこなすと共に、Bluetooth 5.0に対応することで、安定した接続性能とBluetooth 4.2の約2倍となるデータ転送スピードを実現した。

搭載されたCSR BC8675チップにより、遅延の少ない高音質なサウンドを楽しめるほか、トランスミッターモードでは最大2台のBluetoothヘッドホンをTV等と、レシーバーモードでは最大2台の機器を家庭のステレオシステムと同時接続できる。

■製品仕様
Bluetooth規格:5.0
Bluetooth動作範囲:10m
重さ:約51.5g
サイズ:約70 × 70 × 22mm
再生時間:
【トランスミッターモード】AUX接続:最大25時間 / SPDIF接続:最大20時間
【レシーバーモード】AUX接続:最大17時間 / SPDIF接続:最大13時間
パッケージ内容:Anker Soundsync、Micro USBケーブル(充電用)、AUXケーブル、RCAケーブル、光ケーブル、取扱説明書

■Anker公式オンラインストア

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

■デジタル家電に関連した記事を読む
・首元を冷やしたり温めたりできる便利グッズ「ネック冷却クーラー&温めウォーマーホワイト」
・マイナス20度まで冷やせてキャスター付き!「バッテリー内蔵30Lひえひえ冷蔵冷凍庫」
・さっとかざして素早く解除。指紋認証キー「タッチでロック」を発売
・ファン&ヒーター搭載で夏でも冬でも背中が「蒸れない快適リュック」
・JAPANNEXT、28型 4KHDR対応液晶ディスプレイ「JN-T2880UHDR」を発表

ITライフハック

トピックスRSS

ランキング