目を光らせよ、民進「再結集」と「M資金」

Japan In-depth / 2017年10月15日 19時0分

目を光らせよ、民進「再結集」と「M資金」

        

安倍宏行(Japan In-depth 編集長・ジャーナリスト)

「編集長の眼」

【まとめ】

・民進党所属の参議院議員が立憲民主党や民進党出身の無所属議員らと「再結集」を目指している。

・M資金=民進資金、すなわち民進党の政党交付金の行方が不透明だ。

・有権者は耳当たりの良いフレーズに惑わされることなく、各候補者の資質を見極めるべき。

 

【注:この記事には複数の写真が含まれています。サイトによっては全て表示されず、写真の説明と出典のみ記載されていることがあります。その場合はhttp://japan-indepth.jp/?p=36713で記事をお読みください。】

 

分かりにくい選挙だ。野党が分裂したおかげで、序盤戦から与党有利となっているのはみなさんご承知の通り。自民単独過半数、自公で3分の2超、の文字が紙面を飾る。

自民が233議席取れば単独過半数、275議席取れば自公で憲法改正の発議に必要な3分の2(310議席)を握ることになる。

こんなことになったのも小池百合子都知事が「希望の党」を立ち上げ、前原誠司民進党代表と組んで民進党の議員が散り散りになったからに他ならない。極めつけは小池氏が衆院選不出馬で総理への道を自ら封印し、「希望の党」に吹くはずだった・・・・・風を強制終了させたことだ。民進党内の左派リベラルが立憲民主党を立ち上げ、まんまと民進党議員の純化に成功したかに見えた。

 

画像)民進党ロゴ   出典)民進党HP

 

画像)希望の党ロゴ  出典)希望の党HP

しかしここにきて有権者“真っ青”の仰天作戦が永田町を駆け巡っている。それが、コードネーム「再結集」。どういうことかというと、民進党の参院議員が、ばらばらになった同党の前衆院議員に再結集を呼びかけているというのだ。

事の発端は、民進党の小川敏夫参院議員会長が、民進党所属参院議員の多くは衆院選後に「希望の党」に合流しない、と明言。さらに、立憲民主党や民進党出身の無所属議員らと再結集を目指す意向を表明したことだ。元々参院民進党は衆院の民進党と一枚岩ではなかった。今回の前原代表の下の分裂劇を冷ややかに見ているのは明白だ。

写真)小川敏夫参院議員会長  出典)小川敏夫HP

よくよく考えてみれば、リベラル結集はある意味当然ともいえる。もともと共産党との選挙協力を決めた民進党だ。純粋なリベラル勢力が民進党の名の下に再結集しても何の不思議もない。立憲民主党の枝野幸男代表も明確に否定はしていない。仰天する必要はさらさらなかった。

Japan In-Depth

トピックスRSS

ランキング