1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

「政権獲得、衆院選3回の内に」日本維新の会幹事長 藤田文武衆議院議員

Japan In-depth / 2023年9月2日 22時4分

「政権獲得、衆院選3回の内に」日本維新の会幹事長 藤田文武衆議院議員

  




安倍宏行(Japan In-depth編集長・ジャーナリスト)





「編集長が聞く!」





【まとめ】





・次期衆院選の候補者選定は順調に進み、現時点で140人ほど擁立。





・次の総選挙で野党第1党になる可能性は五分五分。





・政権獲得、衆院選3回の内に勝負をする。





 





最近の世論調査でも自民党の次の支持率を取る用になってきた日本維新の会。先の統一地方選で600議席の目標を楽々クリアした。幹事長で選対本部長でもある藤田文武衆議院議員に話を聞いた。





安倍: 次期衆院選、候補者選定は進んでいるか?





藤田氏: 一応289選挙区全選挙区に立てることを目標に置いている。できれば民主党を超える数を年内に擁立したい。今直近でも140名ぐらいまでは目処がついているのでもうあと一歩というところだ。





安倍: 公募の応募状況は?





藤田: 非常に良い。我々のようなチャレンジャーの政党に手を挙げてもらえるということはかなりリスクテイクしてもらえるということ。多くの素晴らしい方に申し込みいただいている。これまでとかなり違う。やはり風が吹いていると感じる。





安倍: 春の統一地方選の結果、かなり知名度が上がってきた。その辺の手応えは感じているか?





藤田: これまでは大阪だけの政党と言われてきたが関西一連、そして関東や東北仙台市議選(7月30日投開票)で、候補者5人が全員当選するなど、今まで足がかりがなかった地域でも認知してもらえている。やはり既存政党はダメだから、既存政党にできない政治に改めてほしいという意見と、またそういうところに参画したいという候補者の皆さんの期待について感じるものがある。





安倍: 春の統一地方選、目標600に対し720まで行った。





藤田: 一番最初に600名を掲げた時は、どの方もそれは厳しいと言った。でも、各都道府県連に候補者発掘をやってもらった。維新政治塾もそうだし、それから候補者エントリー説明会をやった。相当数の方が維新に興味を持っている、または維新で勝負したいという方がいたので、私自身相当自信はあった。700を超えてくるだろうということは直前に予想できていた。でもそこに至るまでは相当大変だったというのが実際のところ。県内とか毎週一人二人通ってきているので、もうすぐ800いく。





安倍: 公明党が立っているところに維新は候補者を立てるとしている。





藤田: 兵庫8区(尼崎市)に、参院議員の清水貴之氏を公認した。これで北海道を除いて全部立った。大阪は8月31日に5区と6区で予備選をやる。(編集部注:5区は梅村聡参院議員、6区は西田薫・大阪府議に決定)北海道除く10選挙区は今月中に決まる。





この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください