【エンタがビタミン♪】HKT48・田中菜津美が“14歳で170cm超”の身長コンプレックス明かす。その驚きの対策とは。

TechinsightJapan / 2014年11月22日 14時55分

写真

HKT48の宮脇咲良(AKB48兼任)と田中菜津美(SKE48兼任)がバラエティ番組『ダウンタウンDX』に出演。それぞれダイエットと身長を伸ばさない方法を公開した。特に田中は高身長にコンプレックスがあり、背が伸びないために毎日努力を欠かさないという。まだ10代の2人がアイドルであるために涙ぐましい努力をしていることに共演者も驚いたが、ベテラン歌手の水谷千重子からは、手厳しく忠告されてしまった。

田中菜津美は、HKT48で“ボス”や“なつみかん”と呼ばれて人気だが、未だシングル表題曲の選抜メンバーにはなっていない。11月20日放送の『ダウンタウンDX』(読売テレビ)では、彼女がHKT48チームHのダンスのレッスン前に楽屋で他のメンバーから身長を測ってもらい、“172cm”と告げられて「絶対ウソでしょ!?」と慌てる場面が映された。測り直して“170.4cm”になると、「あ、伸びてない! 伸びてないよ! やったっ!!」と飛び上がって喜んだ。

現在14歳で身長が170cm以上あることが彼女の最大の悩みなのだ。チームHのメンバーとダンスのレッスンをする時にも、田中菜津美だけ身長が抜きん出ているので先生のように見える。

彼女がレッスンを終えて福岡の自宅に帰り、風呂から上がった頃には夜の11時50分を過ぎていた。12時頃には寝るかと思いきや、「私はこの時間に寝ちゃうと身長が伸びるので、深夜の2時まで寝られません」と言い切る。家族はみんな寝ているのだろう、暗い自室でスマホの灯りに照らされる顔が寂しい。

スタジオでは宮脇咲良と田中菜津美が並んで座っている。VTRを見て、MCの浜田雅功が「あの時間まで寝ないの?」と確認すると、田中は「絶対に寝ないです!」と答え、夜の10時~深夜2時までの間に一番成長ホルモンが出るので寝ないのだと説明した。

共演者の芸人から「ずっと、身体に悪い事してるんだね」と言われても、「夜ご飯も健康的なものを食べると栄養を与えちゃうので、お菓子とかを食べます」と返す徹底ぶりだ。

さらに「アイドルのファンって、やっぱり、ちっちゃくて、ぶりぶりってしている子が好きなので」と身長を伸ばしたくない理由を話すと、松本人志から「今、ちょっとアイドルをディスったよね」、浜田から「隣(宮脇)をディスった!」と突っ込まれていた。

一方の宮脇咲良は、小嶋陽菜から教わった“糖質オフダイエット”を実践している。VTRに映った彼女は、夜遅く都内のホテルの一室で、コンビニで買った食材で晩ご飯を済ませた。そのメニューは納豆(パックのまま)、野菜サラダ(パックのまま)、プチトマト、ゆで卵1個、紙パックの野菜ジュースで、壁に向かって1人で黙々と食べていた。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
テックインサイト

トピックスRSS

ランキング