ベネッセの次に狙われるのは中小企業のサーバー?

JIJICO / 2014年11月4日 10時0分

写真

ベネッセの次に狙われるのは中小企業のサーバー?

ベネッセ、停止していた新規顧客獲得の営業活動を再開

この7月、3504万件に及ぶ顧客情報漏えい事件が発覚したベネッセコーポレーション。同月、ベネッセコーポレーションのシステム開発・運用を行うグループ会社シンフォーム(岡山市)の業務委託先の元社員(39歳、男性)が、不正に顧客情報を社外に持ち出し、名簿事業者に売却したとして不正競争防止法違反の容疑で警視庁に逮捕され、8月、起訴されました。

これを受け、グループ全体の情報管理を含む内部統制・監査の責任者としてCLO(最高法務責任者)を設置したほか、顧客情報漏えい再発防止策の一環として情報セキュリティ監視委員会を発足。11月より、停止していた新規顧客獲得の営業活動を再開します。

しかし、9月中旬から個人情報流出に対するお詫状と総額200億円を原資とした図書カードやアマゾンギフト券などの金券500円分を送付しているベネッセは、批判にさらされ、リスタートの出鼻をくじかれた格好です。それは、お詫びの選択肢の中に新たに設立した財団法人ベネッセこども基金(小林登理事長=東京大学名誉教授)に対する寄付も謳われていること。お詫びと同時に寄付を募るのはいかがなものかと物議をかもしているのです。ベネッセこども基金は、未来ある子どもたちが安心して学習に取り組める環境のもとで、自らの可能性を広げられる社会を目指すことを目的とする基金なのですが…。

高額納税者公示制度の廃止は、個人情報保護法に便乗した過剰反応

さて、アップル、マクドナルドの社長を経て、この6月、ベネッセホールディングスの会長兼社長に就任した原田泳幸氏の初仕事は冒頭の事件の謝罪。見慣れた謝罪会見の風景の中心にいたのは、アップルコンピュータ社長から日本マクドナルド社長に転じ2つの「マック」を指揮した華やかな経歴の持ち主でした。

私が前職在職中、5月中旬、税務署にて全国一斉に高額納税者(1000万円以上)が公示されました。早朝から掲示板に掲出されるのを待ち、取材したことを懐かしく思い出します。ただ、この制度は2006年から廃止されました。本来の公示の目的である第三者のチェックによる脱税抑止機能に加え、2005年4月に施行された個人情報保護法が理由のようです。カタカナ氏名の他、住所、納税額が公示され、いわゆる長者番付が販売されましたが、資産家に対する商品勧誘や事件を助長するとして廃止された側面もあります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ジジコ

トピックスRSS

ランキング