効率化だけじゃない。取引の安全性を飛躍的に高める「不動産テック」

JIJICO / 2017年11月23日 7時30分

写真

効率化だけじゃない。取引の安全性を飛躍的に高める「不動産テック」

情報の非対称性や取引の不透明さを払拭する不動産テック

最もデジタル化が遅れていると言われる不動産業界。ここにきて、ICT技術と不動産を融合させ、新たな価値を提供しようとする「不動産テック(リアルエステートテック)」が活発化しています。

多くのサービスが始まっていますが、それらは大きく①不動産評価、②取引、③業務の3つの領域を改善・高度化するものとされています。

具体例として、①はビッグデータを使ってAI(人工知能)が不動産価格を評価するサービス、②は売主(貸主)と買主(借主)を直接マッチングする場を提供するサービスなどが挙げられます。

また、③ではVR(バーチャルリアリティー)を使い遠隔地から内覧するサービスや、ブロックチェーン技術を用いた契約「スマートコントラクト」などもあります。

消費者としては不動産取引の利便性が向上し、効率的な取引が行えるようになるといえますが、それ以上に情報の非対称性や取引の不透明さを払拭するサービスでもあり、不動産取引の安全性を飛躍的に高める効果が期待されます。

価格の透明化が物件の理解を深める。優良中古住宅の増加も期待

不動産テックで最も期待されているのが、不透明で分かりづらいといわれてきた不動産価格の透明化といえるでしょう。不動産価格は一つの物件であっても評価の仕方によって4つの価格があるといわれ、一物四価とも呼ばれます。

個別具体的に特定の物件の価格を査定する場合、その値付け方法がより複雑になり分かりづらい印象を与えるのはやむを得ません。実際に、経験や勘に頼った査定を行うことも少なくないようです。

そこで、不動産テックではAIが独自のアルゴリズムを用いて、ビッグデータを解析することで不動産価格の透明化を図っています。

ここで注意したいのは、不動産の “正しい価格”を一つに決めることが目的ではないことです。

複数の視点で価格の妥当性を検証することで、不動産そのものの理解が深まり、より安全性の高い取引の実現や優良な中古住宅のストックの増加にまでつながることが期待されます。

例えば、住宅履歴情報やインスペクション(建物状況調査)の結果をうまく価格に折り込むことが可能となれば、価格を通じて建物のリアルな状況を売主・買主双方が半ば自動的に理解できるようになります。

買主としては、価格形成を通じて建物のメンテナンス状況を知るきっかけになります。売主としても、高値売却を目指して自宅を適切に管理するインセンティブに繋がり、中古住宅の管理の適正化が図られるという好循環を生む効果があるのです。

利便性の向上のみならず、安全な取引に直結するIT重説やVR内覧

ジジコ

トピックスRSS

ランキング