理解不能!? イマドキ日本人のニッチな性癖~NTR(寝取られ)とは何か?

東京ブレイキングニュース / 2014年1月23日 11時3分

写真

 世の中には様々な性癖の持ち主がいる。 エロ系のメディアはそうしたターゲットのあらゆる嗜好に対応し、金をむしり取るべく、これまた様々なジャンル・シチュエーション・エロ描写を商品(作品)化し続けており、気付けば日本は世界に並ぶ者のいない変態メディアの一大生産場と呼ばれるまでになった。

 さてさて、こんな導入から何を語るのかと言えば、今日は数あるシチュエーションの中でも "NTR" と呼ばれるジャンルについて暑苦しく長々と書き散らしてみたい。

 今回取り上げるNTRとは "寝取られ" の略で、特定の相手のいる女性が、他の男性に寝取られる物語を指す。 そんな夢も希望もなくなるようなシチュエーションのどこに主眼を置けば興奮できるのかというと、これが実は人それぞれであり、人によって女目線だったり、寝取る側の男目線だったり、寝取られる側の男目線だったり、それら全てをひっくるめたドラマ自体に興奮するという人間もいる。

 しかし共通しているのは罪悪感や背徳感といった感情で、その証拠に "女性が彼女のいる男性を寝取る" というシチュエーションにはあまり人気がない。これは複数の女性にキャイキャイ言われるのは男の夢であり、ストレートな願望であるから、"悪い事してる感" が湧かないからだろう。したがって "女性が寝取る系" の作品はNTRではなく、単に "痴女物" として描かれ、またカテゴライズされる場合が多いのだ。

 NTRとは、ある意味で「男にとっての後味の悪さがなければならない」と言える。

 こんな厄介なネジレたシチュエーションは、日本人やフランス人などの "生粋の変態を生みやすい文化" を持った民族特有のものの可能性がある。というのも、NTR作品の舞台が仮にアメリカだった場合を考えてみればいい。アメリカ人男性の主人公が、ヒロインをライバルに寝取られた際に、いったいどういうリアクションを返すだろうか?

「オレは彼女を愛している。しかし彼女がお前を選んだというのなら、オレはその意志を尊重しよう。OK、彼女に今後はよき友人であろうと伝えてくれ。」

 恐らくこんな感じであっさりと解決してしまうのではなかろうか?

 シチュエーションとしては確かに寝取られているのだからNTRなのだが、「ボクの大好きなA子ちゃんのオマムコにあんな男のチムポがぁぁ!」と、ひたすらウジウジと七転八倒し続けるマゾヒスティックな展開にはならなければNTRファンは喜ばない。「アナタの意志を尊重します的」なサッパリした後腐れない終わり方では全く興奮できないのだ。

東京ブレイキングニュース

トピックスRSS

ランキング