「西岡の怪我は怠慢プレーだ」プロ野球ペナントレース野良犬予想 by愛甲猛

東京ブレイキングニュース / 2014年4月10日 17時33分

写真

Photo by大谷翔平 (スポーツアルバム No. 47)

 

 プロ野球も開幕して早2週間。今回はちょっとマジで、ペナントレースの展望を分析してみよう。

 先ずはセ・リーグから。やはり大方の予想通りジャイアンツが戦力・実力共に抜きん出ている。オープン戦ではDeNAやヤクルトが、俺は所詮オープン戦だからと見ていた。シーズンに入ったらヤッパリという言う結果となった。プロ野球に限って言えば、オープン戦の結果というのは当てにならない。なぜか? それは強豪チームのレギュラークラスほど、シーズンに入るまで本気モードのスイッチが入らないからだ。

 例えば俺の師匠でもある落合さん(現・中日ドラゴンズGM)が本気モードに入るのは5月頃からだった。読売ジャイアンツの阿部慎之介もそんな感じだろう。オープン戦からスイッチを入れていたら、一番キツイ夏場を乗り切れない。結局、ジャイアンツは監督や選手がシーズンを見据えてオープン戦に臨むんだが、DeNAあたりだと監督も選手もオープン戦で勝つことに執着。成績だけは良いが、いざ蓋を開けたら毎年同じように息切れして低迷するという状態だ。

 そう考えてみると、やはりセ・リーグは、ジャイアンツは頭2つは抜きん出ている。ただし、今年の広島カープは面白い。新人投手二人が加わって完全に大竹の穴を埋めたこともあるが、それ以上にチーム全体が躍動して期待ができる。打線さえ頑張れば台風の目になれるだろう。

 開幕早々、西岡が長期離脱した阪神タイガースは頭が痛いだろう。だが、あの時のプレーに関しては、マスコミの報道は全然なってないね。確かに大歓声で声が聞こえず難しいプレーではあったが、あればハッキリ言えば西岡自身の怠慢なプレーが原因だ。

 それはなぜかと言うと、事前にライトの福留孝介との距離チェックが甘かったって事に尽きる。外野と内野の間のフライは外野手に優先権があり、声が聞こえない以上は事前に距離をチェックして打球を追っている福留に任すべきだった。「必死だったから」というのは若手の一軍半選手の言い訳で、西岡レベルならできるし、やらなければいけないプレーだった。自身の怠慢によって怪我してしまったのは悔やまれるだろう。ましてや、無茶を言うようだが、レギュラーはチームのためにもファンのためにも絶対怪我しちゃいけない......俺は王さんにそう教わった。西岡はもっともっと自覚を持たなきゃイカンよ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
東京ブレイキングニュース

トピックスRSS

ランキング