黒い交際を報じられた大物芸人が愛弟子を破門にしたウラ事情

TABLO / 2014年5月14日 20時5分

写真

Photo by 破門/黒川博行(角川書店)

 

 関西のローカル番組で、"リポーターの鉄人"や"ミスター雛壇芸人"という異名を誇っていた人気芸人N。だが、現在はかつての勢いはなくテレビの露出は急激に無くなった。その理由は、「彼は師匠である関西大物芸人Xに破門されてしまい、関西テレビ界では干されてしまった」ためだという。在阪の構成作家にそのウラ事情を語る。

「破門された理由は、Nが師匠のことをブログで茶化したからだと言われています。それも一部メディアで報じられ話題になった"とある襲撃事件"について、面白おかしく書いたことが逆鱗に触れたようです」

 とはいえ疑問な点も残る。というのも、以前から人気芸人Nは営業用のネタとして、師匠である大物芸人Nのキケンなウラ話を頻繁に披露していたからだ。"干される"前に、Nのステージを何度か見ている前出の構成作家も、その点を指摘する。

「師匠と同じ事務所に所属していた頃のNは営業用のネタで、必ず師匠の"イタズラ話"をしていました。師匠のイタズラ好きは有名ですが、テレビやラジオで紹介されるネタとは違う、相当ブラックなネタをしゃべっていました。ネタの中には、"数十人のヤクザに取り囲まれる"とか"本物のピストルを預けられる"というものまであったほどです。それを、許していた人がなんで今さら破門にするのか。不思議で仕方ないんですよ」

 この放送作家は、破門された後の人気芸人Nと先日顔を合わせたという。

「何度がお仕事でご一緒したので、あるトークイベントの前に声を掛けました。以前と変わらず元気に話していたのですが、こちらからやんわりと破門の話題を出したら、『その話はせんときましょ!』と強い口調で制止されました(苦笑)」

 この時のトークイベントではちょっとしたハプニングも発生したという。イベント終盤にNのトーク相手が、破門の話題を切り出すと、またも真面目な顔つきになり、「その話題は一方的にこちらの責任です」と神妙な顔で返答していたというのだ。

 そのときの様子から、Nが破門されたのはよっぽど深刻な理由があったのだろうと推測できる。

「師匠Xの"襲撃事件"について何かを知っているのでしょう。それは、トークイベントでもしゃべれんような相当ひどい真相のようです」

 破門された真相はわからない。しかし、人気芸人Nは、師匠である大物芸人Xの付き人として生活をともにしていた。その期間に、何かしらのキケンな場面を目撃していたとしても不思議ではない。

Written by 村上茜丸

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング