話題の『無限くら寿司』に賛否! パワーワードに盛り上がる一方で「税金払うの馬鹿馬鹿しい」の声

TABLO / 2020年10月27日 11時30分

写真

写真はイメージです

10月1日より開始して以降、何かと物議を醸している『Go To Eat』。また新たに『無添くら寿司』にて無限に寿司を食べ続ける方法が、『無限くら寿司』と呼ばれTwitterでもトレンド入りするなど大きな話題となっています。

『無限くら寿司』は、先日問題視された『トリキの錬金術』とは違い、10月19日より『Go To Eat』に参加した『無添くら寿司』が公式に打ち出しているモノ。

関連記事:批判殺到!『GoToEat』わずか1週間で見直し 『トリキの錬金術』問題を受け 「やる前にわかるだろ」の声 | TABLO

オンライン飲食予約サイト『EPARK』専用ページから2~9名で時間指定予約して訪店。食事後に会計を済ませ、『EPARK』のサイトからレシートをアップロードし承認されると、ランチタイム500円分、ディナータイム1000円分の次回以降に使用可能なポイントを1日2回を上限に付与。ポイントの付与は、公式では6日後以降とされていますが、早ければ即日貰える事例も出ているようで、そのポイント代金分で毎日食べ続けることが可能になります。

これに対しネットでは

「このビッグウェーブ乗るしかない!」

「無限くら寿司とかいうパワーワードにこの上ないときめきを感じている」

「無限くら寿司に行くメンツ2人募集してデブになる会開きてぇ〜」

「くら寿司、1人1回1000円に収めれば1000円で無限回食いに行けるの笑う」

「ひたすらほぼタダでくら寿司を食べまくるの巻。gotoさいこ〜〜〜」

などといった盛り上がりを見せています。しかし、一方では

「無限くら寿司とか行かない人間からしたら税金払うのバカらしくなってくるな」

「無限くら寿司なんてものが出て来たんですね。なんというか貧しいな。心が。名称はキャッチーだけど」

「みんなが使えるから〜と言っている奴いたけど、みんな一斉に無限くら寿司やってみろよ。パンクすんぞ。一部の人が美味しい思いしている傍でそんな時間もなく必死に世の中のために働いている人がいることをお忘れなく」

などと批判の声もあがっているようです。

参考記事:セブンイレブンのサンドイッチにガッカリする人続出中!? 実は様々な企業がやっている「ステルス値上げ」ご存知ですか? | TABLO

税金が他人の食事代に使われることに不満を抱く声については、分からなくもないのですが、すでに始まってしまっているキャンペーンなので、やはり、利用したほうが良いのは当然のこと。

しかしながら、一部の飲食店だけで盛り上がり、恩恵を受ける飲食店に偏りが出てしまうようであれば、やはり、飲食店を応援するというGo To Eatキャンペーン本来の目的とはズレているような気がしてしまいます。(文◎デューク・テルゴ)

あわせて読む:『バイキングMORE』 芸能人の“副業”飲食店の危機特集にバッシング! 「本業の方々が先だろ」 いや、そもそも副業なのか? | TABLO

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング