マグロは卒業! 男性を完璧に騙す夜の演技指導

恋学 / 2014年9月2日 11時0分

エッチで彼に満足してもらいたいけれど、気分が乗らなかったり、彼がヘタすぎて感じないなんてことはどうしてもあります。そのせいでマグロ女なんて思われたらショックですよね。

そこでマスターしておきたいのが男を騙せる夜の演技です。ヘタな演技では見抜かれて、相手をかえって傷つけてしまうのでしっかり学んでおきましょう。

20140902

イク時に足の指を閉じたり開いたりしてみる 演技の簡単さ:A 騙し度:C

女性がイク時は足の指が開いていたり、グーの状態になっていることが多いというのは有名な話。そのため、ここをチェックしている男性は多いです。

イクふりをするときに足の指を動かすだけという簡単さの割には意外と男性を騙せてしまうのでぜひ実践してみましょう。

声を徐々に大きくしていく 演技の簡単さ:A 騙し度:B

演技をするなら喘ぎ声は欠かせません。しかし、最初から大きな声で喘ぐのはあまりに不自然。徐々に声を大きくして少しずつ興奮が強くなっている感じにした方が騙しやすいでしょう。ちなみにイク直前までほとんど声を出さない女性もいるので、面倒ならイクふりをする時に声を出すだけでも可です。(男性的には寂しいけれど……)

また、男性が激しく動いた時は声を大きく、穏やかな動きの時には小さくして声の強弱を付けると自然で相手を興奮させやすいものです。さらに声が大きい時は男性を強く抱きしめたり、腕や背中に軽く爪を立てたりするなどの小技を使うとリアルです。

ただ、喘ぎ声を出すのは演技の基本中の基本。経験の少ない男性でもない限り、喘ぎ声だけで女性が感じているとは思わないものです。そのため、騙し度は中ぐらい。必ず他の演技と組み合わせましょう。

息を荒らげて体を痙攣させる 演技の簡単さ:B 騙し度:B

男性の動きが止まったら喘ぐのは一旦中断。だからといってただ休むのではなく、ハァハァと息を切らせるふりをすると、一緒に楽しんでいる感じがして好印象です。

さらに体をビクンビクンと痙攣させておけば、気持ち良いのだなと思わせることもできます。ただ、自然な感じに体を痙攣させるのは難しいので、ヘタな演技になりそうなら息を荒くしておくだけの方が無難でしょう。このときは肩を動かして、ややオーバー気味に呼吸するよう心がければOK。さらに汗ばんでいれば文句なしなので、室温は高めにしておくのがオススメ。

アソコをとにかく濡らす 演技の簡単さ:C 騙し度:A

濡れるというのはもっとも分かりやすい女性の自然な反応です。というわけで、男性を騙すにはアソコを濡らすのが一番。名女優がいつでも涙を流せるように、アソコをいつでも濡らす演技ができるようになれば夜の名女優は間違いなし。

とはいっても、演技で濡らすのはかなり大変なはず。どうしても濡れないならエッチなビデオを一緒に見るなどして気分を盛り上げましょう。相手にバレないようトイレなどでローションを少し塗るのも効果的。

自分から「気持ちいい」と言ってあげる 演技の簡単さ:A 騙し度:C

たとえ感じていなくても、「気持ちいい」とハッキリ言ってあげましょう。やっぱり言葉で言われると分かりやすくて嬉しいですから。

ただし、男性が感想を尋ねる前に女性から言うのが原則。尋ねられてから言うのでは、言わされてる感が出ちゃいますもんね。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング