【漫画】居酒屋店員の本音は? ついやってしまう「同じヤツおかわり!」の注文

マグミクス / 2020年10月27日 16時10分

写真

■信じられないような驚きのトラブルも「残念ながら事実」

 漫画家のアオダさん(@aho0906)が、これまでのアルバイトで直面した客の迷惑行為を『歴代バイトの思い出』というマンガに描き、Twitterで公開しました。それぞれのシチュエーションでの店員の表情と“本音”は必見です。

 この『歴代バイトの思い出』は、店員の立場では共感でき、客の立場からは「自分も気をつけよう」と行動を見つめ直すきっかけになるでしょう。作品のなかには、珍しいケースと思われるトラブルも描かれており、読者からは「あるある過ぎる」という共感と、「さすがにこれはないでしょう?」という驚きの声が同時に寄せられています。

 作者のアオダさんに、お話を聞きました。

ーーアオダさんの漫画家としてのデビューのきっかけを教えて下さい。

 Twitterで描いたマンガが好評で、それを見た竹書房の編集者さんにお声がけをいただいて漫画家になりました! 連載が決まった作品である『底辺勇者だけど最強パーティのモテ主人公やってます。』は1~3巻が発売中です。

ーー『歴代バイトの思い出』のなかには、さまざまな仕事が登場していて興味深かったです。アオダさんは、これまでにかなりの数のアルバイトを経験しているのでしょうか?

 郷土料理屋兼居酒屋、スーパーのレジ打ち・品出し、パチンコ店社員、美術関連の商品を作る工場、ケーキとタルトの販売制作、を経て漫画家になりました! 職種バラバラですね!

『歴代バイトの思い出(1)』(アオダさん提供)

ーー作品のなかでは、主に理不尽な出来事がユーモラスに描かれています。反対に、これまでのアルバイトの経験で良かったことや楽しかった思い出などは何かありますか?

 バイトして良かったことは、店員さんの立場でものを考えられるようになったことですかね……。店員さんには、できるだけ丁寧に優しく接しようと心がけています。私もそうされるとうれしかったので。あとヤベェ人を見抜く能力がつきました。悲しい。

ーー作品に対する読者からの声では、特にどのようなものが印象に残りましたか?

 悲しいかな、けっこう「うちもその経験ある」「今日そんな客来たわ」的な共感のコメントが多かったです。

ーー今後、Twitterで発表される作品については、どのように活動していきたいとお考えでしょうか?

「自分が描いて面白いものを!」と贅沢な考えでいます。万人向けする作品よりも、刺さる人にピンポイントで刺さるような作品を届けられる作家でありたいと思います。コミックス買って。

(マグミクス編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング