1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

新型アウトランダーPHEVとRAV4 PHVどっちが欲しい!? 注目のプラグインハイブリッドSUV対決、約6割が三菱推し【みんなの声を聞いてみた】

MōTA / 2021年11月8日 12時0分

三菱 新型アウトランダーPHEV vs トヨタ RAV4 PHV

三菱の人気SUV「アウトランダーPHEV」がフルモデルチェンジし、新型モデルが2021年10月28日(木)より先行予約を開始した。走行性能の向上はもちろん、スタイリング、上質な室内空間を備えるなど、全方位で大きく進化した新型アウトランダーPHEVだが、PHEV(プラグインハイブリッド)モデルのSUVと言えばライバルであるトヨタ RAV4 PHVの存在も気になるところ。 価格的にも新型アウトランダーPHEVが462万1100~532万700円(税込)、RAV4 PHVが469万~539万円(税込)と肉薄する両車だが、購入検討者達はどちらが実際に欲しいと感じているのか? SNSで挙げられているみんなの声を探ってみた。

三菱 新型アウトランダーPHEV vs トヨタ RAV4 PHV

V2Hや200V急速充電対応が魅力の新型アウトランダーPHEV

三菱 新型アウトランダーPHEV

三菱 新型アウトランダーPHEVは、ボディやシャシー、パワートレインなどすべてを刷新し、内外装の質感を大幅に向上させた。さらに進化したPHEVシステムでは、20kWhのバッテリーを搭載。EV走行可能な距離(等価EVレンジ)はMグレードで87km(WLTCモード)、P及びGグレードでは83km(WLTCモード)。EV走行とハイブリッド走行を組み合わせた総合航続可能距離は1000km超えを達成している。さらに、ヒートポンプ式エアコンを採用しており、暖房使用時の電費も向上している。

また、新型アウトランダーPHEVは、普通充電と急速充電に対応し、AC200Vの普通充電で約7.5時間で満充電に、急速充電なら約38分で80%の充電が可能となる。さらに、停車状態でエンジンの発電を行った場合では、約94分で80%の充電を行うこともできる。

そのほか、1500Wの100V AC電源を車内の2箇所に装備。アウトドアシーンのほか、災害時の非常用電源としても活用できる。

さらに、新型アウトランダーPHEVでは、災害時などにクルマを蓄電池として住宅に電力を供給したり、家で自然エネルギーで発電した電力をクルマに使うこともできるV2H(Vehicle to Home)にも対応しており、V2H機器を通じて住宅へ電力を供給することが可能となっている。給電可能時間は、先代では10日間だったのに対し新型では12日に増えている。

新型アウトランダーPHEVでは待望の3列シート・7人乗りを実現するグレードも設定され、展開されるグレードは5人乗りの「M」と、5人/7人乗りの中級グレード「G」、そして7人乗りの最上級グレード「P」。価格(税込)は462万1100~532万700円。

システム最高出力225kW(306PS)、0~100km/h加速は6.0秒とスポーツカー顔負けのRAV4 PHV

トヨタ RAV4 PHV

対する、ライバルのトヨタ RAV4 PHVは、総電力量18.1kWhの駆動用バッテリーを搭載し、満充電時のEV走行距離は95km、エンジンとの組み合わせでの航続距離は1300km以上と、どちらも新型アウトランダーPHEVを上回る。

さらに、高出力のフロントモーターとインバーターが大容量のリチウムイオンバッテリーと組み合わされており、システム最高出力225kW(306PS)を達成、0~100km/h加速は6.0秒とスポーツカー顔負けのスペックを誇る。

しかし、RAV4 PHVは、急速充電には対応していない。普通充電の100Vなら約27時間で満充電、200Vなら約5.5時間で満充電となるほか、新型アウトランダーPHEV同様、エンジンを使って発電して充電することも可能だ。

また、V2Hにも対応はしていないが、AC100V・最大1500Wの外部給電機能は標準装備となり、こちらもアウトドアシーンのほか、災害時の非常用電源としても活用できる。

展開されるグレードはエントリーモデルの「G」と、真ん中の「G“Z”」、オプションをフル装備した仕様の最上級モデル「BLACK TONE」の3つを展開し、こちらはどれも5人乗り仕様となる。価格(税込)は469万円~539万円。

アンケートでは約6割が新型アウトランダーPHEV推しという結果に

三菱 新型アウトランダーPHEV, トヨタ RAV4 PHV

三菱 新型アウトランダーPHEV, トヨタ RAV4 PHV

今話題のPHEVを備える貴重なミドルサイズSUVの両車だが、実際に購入検討者などは買うなら新型アウトランダーPHEV or RAV4 PHVどちらと考えているのか? MOTA(モータ)では公式Twitter上でアンケートを募集した。

アンケート測定期間:2021年11月4日(木)~11月5日(金)/測定方法:MOTA編集部公式Twitter

Twitterアンケートでは、全体の64.7%が「新型アウトランダーPHEV」と答え、残りの35.3%が「RAV4 PHV」という回答結果となった。

また、アンケートの他にもSNS上ではどのような意見が飛び交っているのか確認してみた。

新型アウトランダーPHEVを推す声としては、

「新型アウトランダーPHEVのSUVらしい武骨なルックスが好み」

「内外装の質感はアウトランダーPHEVが圧倒的に高い」

「新型アウトランダーPHEVは、内装が高級欧州車のような質感で驚いた」

といった内外装の質感の高さを挙げる声が目についた。そうしたデザイン面を評価した上で、やはり多かったのは、

「V2Hや200V急速充電が対応しているところ」

とPHEVシステムがRAV4 PHVよりも勝っているとする声。アウトドアシーンはもちろんのこと、昨今注目の集まる災害対策にも役立つとあって、これがあるからアウトランダーPHEVを指名買いするという声は非常に多く見受けられた。

やはり急速充電非対応がRAV4 PHVの泣き所

これに比例するように、RAV4 PHEVには、

「それなりの電池を積んでおきながら、急速充電に対応していないのは残念」

といった声が少なくない数で挙がっている。それでも、

「RAV4 PHVは燃費やパワフルなスペックが魅力」

といった声も一定数で見受けられた。現在も人気を誇るRAV4 PHVだが、新型アウトランダーPHEVの登場はこれからの売れ行きに大きな影響を与えるのは間違いなさそう。今後、改良などで急速充電やV2Hへの対応を期待したいところだ。

三菱の生産能力が売れ行きのカギ!?

一方、ポジティブな声が多かった新型アウトランダーPHEVだが、すでに人気が集まるモデルだけに、購入検討者たちからは、

「RAV4 PHVでも発売直後で生産が追いついていなかったけど、新型アウトランダーPHEVは大丈夫なのか?」

といった不安の声も挙がっている。今後のセールス拡大のカギは生産能力と言っても過言ではなさそうだが、果たして。引き続き、これからの展開に注目していきたい。

[筆者:望月 達也(MOTA編集部)]

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください