天才映画監督と恋をした女性の自伝的小説を映画化

NeoL / 2018年7月12日 11時34分

天才映画監督と恋をした女性の自伝的小説を映画化



気鋭の映画監督・ジャン=リュック・ゴダールの2人目の妻であり、女優・作家としての顔も持つアンヌ・ヴィアゼムスキーによる自伝的小説を映画化した『グッバイ・ゴダール!』が公開。



バリで暮らす学生のアンヌは、世界中から注目される天才監督・ジャン=リュック・ゴダールと恋に落ち、彼の新作『中国女』で主演を飾ることに。映画を作る刺激的な日々に、ゴダールからのプロポーズ……。若きアンヌはあらゆることを夢中で吸収していくが、パリの街ではデモ活動が日に日に激しくなり、ゴダールは次第に革命に傾倒していく――。



ファッションやメイク、インテリアなど、スクリーンに蘇った今なお魅力的な60年代のフレンチカルチャーにも注目したい。公開は、7月13日より。



グッバイ・ゴダール!
監督:ミシェル・アザナヴィシウス
出演:ルイ・ガレル、ステイシー・マーティン、ベレニス・ベジョ
(2017年/フランス)
7月13日(金)新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座ほか全国公開
©︎LES COMPAGNONS DU CINÉMA – LA CLASSE AMÉRICAINE – STUDIOCANAL – FRANCE 3.
http://gaga.ne.jp/goodby-g/

関連記事のまとめはこちら


http://www.neol.jp/culture/

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング