規制強化で中国情報が漏れてこなくなる?

ニューズウィーク日本版 / 2014年7月15日 15時59分

 中国政府は中国人ジャーナリストに対し、外国メディア(あるいは自分の雇用主ではない国内メディア)に情報を渡さないようにと警告を発した。

 中国のメディアを規制する国家ラジオ映画テレビ総局が出したこのお達しは、中国人ジャーナリストは雇用主の許可なしにオンライン記事を書いてはならないと、昨年4月に発布した禁止令に続くものだ。

 今回の新規制は国内ジャーナリストに向けたものではあるが、共産党政権が外国メディアのコントロールに躍起になっている証しだ。12年にニューヨーク・タイムズ紙とブルームバーグがそれぞれ、当時の温家宝(ウエン・チアパオ)首相と習近平(シー・チンピン)国家副主席の財産について調査報道をすると、共産党はこの2つのメディアのサイトにアクセスできないようブロック。さらに記者たちのビザにも制限をかけた。

 中国人ジャーナリストに対する規制の数々は、外国人ジャーナリストが情報を集めにくくなることも意味する。中国国内のメディアが厳しく検閲されるなか、記者たちは規制されていない外国メディアに有力な情報を託しているからだ。

「中国メディアでは掲載できないようなニュースを報じられるのが、外国メディアの強みだ」と、中国の有名なビジネス誌、財新の元記者ビンセント・ナイは言う。「多くの海外記事のヒントは、有能なのに(記事が書けずに)不満がたまった中国人記者からきている」

 中国人ジャーナリストたちは、脅しや拘束されるリスクを常に抱えながら仕事をしている。中国で最もリベラルな週刊紙として知られる南方週末の記者たちは、秘密の収容施設、つまり闇監獄の存在を暴いて刑務所に入れられた。

 外国人ジャーナリストの下でアシスタントとして働く中国人たちも脅迫や嫌がらせを受けている。ニューヨーク・タイムズのアシスタントで、詐欺の容疑で2年の禁固刑を受けた中国人もいる(彼の支持者たちはこの罪状はでっち上げだと主張)。



 中国版ツイッターの新浪微博(シンランウェイボー)のユーザー数が5億人に達するなど、ソーシャルメディアが広く普及しているにもかかわらず、共産党は情報の締め付けをこの四半世紀で最もきつくしている。今回の新規制によって、外国メディアと協力しようという中国人ジャーナリストはいなくなるだろうと、ナイは語る。

「外国人ジャーナリストと人脈を築いている記者たちは委縮してしまうに違いない。中国で進む改革の機運にとっても、まったく逆をいくものだ」

マット・スキヤベンザ

ニューズウィーク日本版

トピックスRSS

ランキング