グーグルが軍事施設を丸裸に

ニューズウィーク日本版 / 2014年8月22日 12時46分

 インド政府はグーグルに腹を立てている。インドのPTI通信によれば、グーグル主催の地図コンテストで秘密の軍事施設の位置が暴露され、インドの中央捜査局が調査に乗り出した。

 グーグルの企画趣旨によれば、「マッパソン2013」と銘打ったこのコンテストの目的は「グーグルマップでインドの正確な地図情報を作成する」こと。一見、問題はなさそうだ。

 ただし、コンテスト優勝者のビシャル・サイニが地図を作成した都市パタンコットは、ジャム・カシミール州に近い場所にある。同じ場所をアザド・カシミール(自由カシミール)州と呼ぶ隣国パキスタンと47年以降、3度も戦争をしてきた国境の紛争地帯だ。そこにある軍事施設の位置がグーグルマップで丸裸になる事態をインドが喜ぶわけはない。

 米ポピュラー・サイエンス誌によれば、サイニは自作の地図をグーグルに提出した際、かなり大きな地域に「軍事領域」という目印まで付けていた。

 インドでは、勝手に地図を作って情報提供することは許されない。国の地図の作成と更新を担い、軍事施設が民間向けの地図に表示されないよう監督する政府機関、インド測量局(SOI)も目を光らせている。

 グーグルはインドでコンテストを開催するに当たり、SOIに事前の許可申請をしなかった。グーグル・インドの担当者はビジネス・スタンダード紙に次のように語った。「関連当局とは連絡を取り合っているし、法令遵守や安全保障問題にも気を配っている。この問題について、これ以上語ることはない」

 領有権が争われている地域でグーグルマップが問題を起こしたのはこれが初めてではない。10年には、グーグルは特定の地域の情報が異なる32通りの地図を作成していることが暴露された。つまり、インド人ユーザー向けのカシミールの地図と、パキスタン人向けの地図は違うというわけだ。

 コンテストで集めた「正確な」地図情報は、グーグルだけのものになるのだろう。

[2014.8.12号掲載]
テイラー・ウォーフォード

ニューズウィーク日本版

トピックスRSS

ランキング