天才ダ・ヴィンチはADHDだった!?

ニューズウィーク日本版 / 2019年5月28日 16時50分

<英ロンドン大学の研究者は、ダ・ヴィンチがADHDだったのではないかと主張。そしてこの分析が、ADHDへの偏見をなくす手助けになってくれれば、と語っている>

作品をなかなか完成できなかったダ・ヴィンチ

レオナルド・ダ・ヴィンチ(1452~1519)は、ルネサンス期に芸術や自然科学の分野で活躍した天才と言われている。しかしそのダ・ヴィンチが、もし今の時代に生きていたら注意欠陥多動性障害(ADHD)と診断されていた可能性が高い、とある研究者は考えている。

ダ・ヴィンチがADHDだったのではないかと主張するのは、ADHDや自閉症のような神経発達疾患の治療の専門家、英ロンドン大学キングス・カレッジのマルコ・カターニ教授と、イタリアにあるパヴィア大学のパオロ・マザレロ教授だ。2人の論文は、オックスフォード大学出版局から5月23日に発行された医学誌「ブレイン:ジャーナル・オブ・ニューロロジー」(脳:神経学ジャーナル、以下「ブレイン」)に掲載されている。

「ブレイン」でカターニ教授らは、ダ・ヴィンチが「解剖学、自然哲学、芸術の謎を理解するほど偉大な知性を持ちながら、完成できなかったプロジェクトがかなりあった」と指摘する。このように慢性的にものごとを先延ばしにするところや、芸術や科学の分野でクリエイティブな意欲を発揮していたところは、ダ・ヴィンチがADHDだったと考えれば説明がつく、と教授らは考えている。

ディスレクシア(失読症)であった可能性も高い

カターニ教授らはまた、ダ・ヴィンチが残したノートにはスペルミスや鏡文字が見られたことから、ダ・ヴィンチがディスレクシア(失読症)であった可能性も高いと考えている。ダ・ヴィンチは左利きだったが、左利きやディスレクシアは、ADHDのような神経発達に疾患がある子どもによく見られる特徴だという。

本誌英語版によるとカターニ教授は、「500年前に亡くなった人に診断を下すのは不可能ではあるが、レオナルドが作品を完成できなかった説明として、ADHDが最も説得力があり科学的に妥当な仮説であると私は確信している」と話している。

教授らは「ブレイン」で、ダ・ヴィンチがいかに何かを完成させるのが苦手だったか例を挙げて説明。例えば1478年1月10日、独立した画家として初めて請け負った仕事(チャペルに掲げる大型の祭壇画の作成)では、前払金として25フロリンを受け取ったが、結局完成させられなかった。

代表作の1つでもある「最後の晩餐」は3年かけて1498年に完成させたが、制作中、依頼主のミラノ公に仕上がりの遅さを問い詰められたダ・ヴィンチは、機転を利かせて「イエスとユダのモデルが見つからないから」と言い訳したと「ブレイン」は説明している。



「ADHDは、生まれ持った才能をうまく活かし切れないということ」

では実際に、ダ・ヴィンチは現代でいうところのADHDだったのだろうか? 「ブレイン」はADHDについて、「小児期に見られる、遺伝性が高い行動障害で、特徴としては、何かを常に先延ばしにする、タスクを完成させられない、うわの空になってしまう、心身共に落ち着きがない、などがある」という、デンマークにあるオーフス大学のデモンティス助教授による説明を引用。ただしカターニ教授らは、かつては子どもの病気とされていたが、現代では大学生や仕事で成功している人もADHDと診断されることがあるとしている。

こうしたADHDの特徴の一部は、うまく活用すれば長所にもなり得ると「ブレイン」は説明する。うわの空になって他のことを考えてしまう部分は創造力や独創性を伸ばす力に、落ち着きのなさは何か新しいものを探す原動力や変化を作る行動力に活用できる。

ロイター通信がカターニ教授に電話でインタビューしたところ、同教授はADHDについて「困難な人生を生きる運命の、知能が低い子だと誤解している人が多い」と悲しがり、今回のダ・ヴィンチの分析が、ADHDへの偏見をなくす手助けになってくれれば、と語った。

「ADHDはIQが低いとか創造性がないということではなく、むしろ生まれ持った才能をうまく活かし切れないことだということが、今回のケースで伝わればうれしい」



ADHD could have been the key to Leonardo da Vinci's genius-Business Insider




松丸さとみ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング