離れていても合奏が楽しめる ヤマハ「SYNCROOM」が6月頃正式公開 β版を無償公開中

おたくま経済新聞 / 2020年4月9日 15時10分

写真

離れていても合奏が楽しめるサービス「SYNCROOM」が6月ごろから公開予定

 ヤマハがオンライン遠隔合奏サービス「SYNCROOM(シンクルーム)」を6月頃に正式公開すると発表しました。現在は、正式版とほぼ同等の機能をもつベータ版「NETDUETTO β2」を無償公開中です。

 「SYNCROOM」は、インターネット回線を介して、遠隔地間の音楽合奏を実現し、複数のユーザー同士(最大5拠点)でオンラインセッションが楽しめるサービス。インターネット回線につながった、自宅などのパソコンにアプリケーションをインストールし、ユーザー登録を行うことで、合奏に適したさまざまな機能を利用して、オンラインセッションを無料で楽しむことができます。

 一般的なIP電話や遠隔会議システムは、通話や会議を想定して設計されていることから、一定の音声の遅れが生じます。そのため、こうしたシステムでは、お互いの音を同時に聞きながら合奏することは難しいとされていました。

 そこで「SYNCROOM」では、インターネット回線を介したオーディオデータの双方向送受信を極力小さな遅れで実現する、ヤマハ独自の技術を使用することで、遠隔地間でも違和感をほとんど感じることなく、快適にオンライ ンセッションを楽しめるサービスを実現しています。

 現在配信されているベータ版サービス「NETDUETTO β2」は、アプリ(Windows / macOS)をダウンロードすることで、無料で利用可能。

 「SYNCROOM」のさらなる詳細や具体的な公開日については、公式サイトやニュースリリースを通じて適宜お知らせする予定とのことですので、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、多くの活動が制限され、ストレスが溜まっている人は、ベータ版を利用してみるのも良いかもしれません。

情報提供:ヤマハ株式会社

(佐藤圭亮)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング