日本初!! タクシー運転手を選んで乗る時代の幕開けです。

PR TIMES / 2012年8月1日 16時24分



株式会社カイエンシステム開発 (代表取締役: 金子一彦) は、乗りたい時に、乗りたい場所で、乗りたい運転手、タクシー会社を選んで乗るためのスマートフォン向けタクシーキャッチサービス「ポケットタクシー(R)」を開発、KDDI株式会社の「KDDIクラウドプラットフォームサービス」を利用して8月1日から全国規模でサービスを開始しました。

お客さんから評価されるのは運転手であり、会社の大小、組織力はほとんど関係なく、ポケットタクシーでは、リクエストを受ける機会は均等に与えられます。それをものに出来るかは運転手次第です。

概要)
従来のスマートフォンから特定のタクシー会社に配車依頼をするシステムと違い、スマートフォン利用者がスマートフォンで乗りたい場所を指定し、2km圏内にいる登録運転手にアナウンスし、対応する意思表明してくれた運転手の中から、前月の利用者からの運転手評価データなどを参考に利用者が運転手を選んで乗るという利用者視点に立った仕組みです。事前に、助手席利用、トランク利用や、妊婦であること、または、子供だけで乗車というメッセージを伝えることにより、運転手の心の準備やその状況に対応できうる運転手に手を上げてもらうことも可能にします。

機能面) 利用者から見て
運転手を選ぶ基準となる評価項目として、接客態度、安全運転度、到着予定時間、タクシー会社名などが提示されます。成約した場合は、選んだ運転手がどこまで来ているかを画面上の地図で確認できます。乗車した運転手をお気に入り登録することで乗車予約が可能となり、お抱え運転手を持つような感覚を味わえます。

機能面) 運転手から見て
自分が該当圏内にいた場合にスマートフォンが音声でお客さんの存在をアナウンスしてくれます。待ち合わせ場所も地図で確認ができ、行き先等も考慮した上で対応可否を判断できます。成約した場合、搭載済みのスマートフォンナビが待ち合わせの場所まで案内してくれます。ハンドルから手を離すことなく音声入力で操作することも可能です。

問題解決と効果) 利用者から見て
良い運転手を選んで快適に目的地まで行くことができます。お気に入り登録することで更に安心感が増し、妊婦でも、子供だけでも安心して目的地まで送り届けてもらえます。乗車後に運転手を評価することができ、トラブルなどがあった場合はアプリを通してその旨を伝えることができます。

問題解決と効果) 運転手から見て
行き当たりばったりでお客さんを毎日見つけるために長時間流し営業をしたり、駅で長い列を作って偶然来るお客さんを待ったり、配車指示に頼らざるを得ないといった状況から脱し、一度利用してくれたお客さんが運転手の努力次第でまた自分を選んで乗ってくれる機会を作り、リピート客を獲得できる可能性が出てきます。運転手登録時に、利用者に向けてのメッセージを伝えるという自己アピールも可能です。個人タクシー運転手の場合、自分のタクシー車体画像を登録してのアピールも可能です。また、自分を「お気に入り」に登録してくれているお客さんの数も把握できるので、運転手のモチベーションアップに繋がるという効果もあります。

利用環境)
利用者側は Android スマートフォンでポケットタクシーホームページ (http://pockettaxi.jp/) にアクセスし、案内に従ってアプリをダウンロードするか、直接 Google Play からダウンロードできます (iPhone 版は近日提供予定です)。
運転手側も同様に Android スマートフォンでポケットタクシーホームページ (http://pockettaxi.jp/driver/) の案内に従ってアプリをダウンロードするか Google Play からダウンロードできます。別途、車載ホルダースタンドの用意をお願いいたします (当面、運転手向けアプリの iPhone 版提供予定はありません)。
利用者側アプリの利用料金は無料です。



企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング