鹿児島県肝属郡肝付町とのメガソーラー発電所設置の合意および町内住戸への低価格ソーラーパネル提供について

PR TIMES / 2012年6月11日 13時50分

平成24年6月11日【訂正再送】


※プレスリリースの中で「60万円台」を「70万円台」、また「3kw/h」の単位を「3kw」に訂正します。




鹿児島県肝属郡肝付町とのメガソーラー発電所設置の合意および町内住戸への低価格ソーラーパネル提供について

~「メガソーラーはやぶさプロジェクト」および「屋根の上のメガソーラー」事業~



リニューアブル・ジャパン株式会社(東京都港区虎ノ門1-16-4 アーバン虎ノ門ビル702、代表取締役 眞邉勝仁、http://www.rn-j.com/ 、以下「弊社」)は、肝付町(鹿児島県肝属郡)との間で、メガソーラー発電所を設置することで合意いたしました。

また、弊社では、肝付町の構想「肝付町住宅用太陽光発電システム設置計画」に賛同し、弊社のソーラー発電(企画・建設から事後の運営まで)に関する高い技術力およびファイナンス分野における豊富なノウハウが組み合わされることで実現した、低価格ソーラーパネルの提供を開始いたします。



【メガソーラー「肝付町後田太陽光発電所」】

弊社では、肝付町が保有されている町有地を借り受け、メガソーラー「肝付町後田太陽光発電所」を設置することとしました。規模としては、最大出力1,005kWで、年間約100万kWhの発電量を見込んでいます。

また、弊社として第1号となる今回の発電所設置のプロジェクト名を「メガソーラーはやぶさプロジェクト」と命名し、取り組むことといたしました。

肝付町から打ち上げられて多くの苦難を乗り越えて地球に帰還し、日本国民に大きな感動を与えた小惑星探査機「はやぶさ」(第20号科学衛星MUSES-C)の名を冠することによって、肝付町の「本事業にかける熱意」と「後の世代に長く貢献するという高尚な精神」、および「東日本大震災の発生によって未曾有の苦難にある我が国に “あきらめない心” をもう一度伝えたいという気持ち」の3つを象徴させることといたしました。

なお、本事業は既に事前準備を着々と進めており、売電先である九州電力株式会社との間で現在進んでいる協議が整い次第、本格的に着工いたします。システムは平成24年度内の運用開始を目指しております。



【「屋根の上のメガソーラー」】

肝付町の、町内の住宅に太陽光発電システムの普及促進を図るという構想に弊社が賛同し、低価格での住宅用太陽光発電システムの提供事業「屋根の上のメガソーラー」を開始いたします。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング