チャンネル開設から17日で登録者数1万人突破!元東北楽天ゴールデンイーグルス一軍監督、新橋・居酒屋のオーナーデーブ大久保のYouTubeチャンネル「デーブ大久保チャンネル」―

PR TIMES / 2020年6月23日 17時40分

―独自の経験から成り立つ“デーブ節”が視聴者を魅了――

株式会社デーブカンパニー(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:大久保博元)の代表取締役社長を務める、プロ野球解説者・デーブ大久保が立ち上げたYouTubeチャンネル「デーブ大久保チャンネル」は、チャンネル開設から17日というプロ野球解説者としては異例のスピードで登録者数1万人を突破しました。



デーブ大久保はプロ野球界で選手、コーチ、監督、編成、野球解説者など多岐に渡り活動してきました。その独自の経験をわかりやすく面白く“デーブ節″でお届けしていることが視聴者に支持されています。他にも、プロ野球界のエピソードだけでなく、埼玉西武ライオンズ一軍打撃コーチも務めた打撃理論を、草野球選手や少年野球の選手、アマチュア指導者に向けて分かりやすくお届けしています。
[画像1: https://prtimes.jp/i/53022/2/resize/d53022-2-312975-0.png ]



YouTuberデーブ大久保からのメッセージ

YouTube「デーブ大久保チャンネル」を始めたきっかけは、私がかつて在籍していた読売巨人軍の球団関係者の方々が新型コロナウィルス医療支援として寄付をされたときに、「自分にも何か出来ないか」と考え、自宅で過ごす時間が多い方々に向けて、少しでも楽しい時間を過ごしていただきたく、動画を投稿することを決めました。


[画像2: https://prtimes.jp/i/53022/2/resize/d53022-2-659000-1.jpg ]



■デーブ大久保
1967年茨城県生まれ
水戸商業高校時代に、当時最多記録となる通算52本塁のホームランを放つ。「水戸の怪童」と異名をつけられ高校野球界を騒がせ、ドラフト1位で西武ライオンズへ入団。読売ジャイアンツへのトレード後、劇的なサヨナラホームランを放つなど、勝負強い印象に残る活躍をみせる。引退後は野球解説者、タレント活動の後、2008年埼玉西武ライオンズ一軍打撃コーチに就任。おかわり君こと中村剛也、栗山巧、片岡治大(現 読売ジャイアンツコーチ)などの打撃を開花させ就任一年目にチームを日本一へ導く。

2010年に自身の打撃理論を軸とした少年野球育成の為の「デーブ・ベースボールアカデミー」を開校。
2012年には東北楽天ゴールデンイーグルスよりコーチ要請を受け、一軍打撃コーチに就任。
2014年には東北楽天ゴールデンイーグルスの一軍監督を務める。
2016年、東京・新橋に「肉蔵で~ぶ」を開店

<YouTube概要>
■チャンネル名:デーブ大久保チャンネル
■チャンネルURL: https://www.youtube.com/channel/UCKa1VlSq1WwdSQWv4JFdgxg
■チャンネル開設日:2020年6月6日
■チャンネル登録者数:1万人 (2020年6月23日時点)
■著作権表記:(C)DAVE COMPANY

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング